掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

山田崇太郎(ブレーブ)が優勝、洞口幸太(マイスポーツ)が3位…世界グラップリング選手権第1日

 国際レスリング連盟が推し進める新しいレスリング・スタイル、グラップリング・パンクラチオン、コンバットグラップリングの世界選手権は9月29日、セルビア・ベオグラードで開幕。グラップリングのNo-Gi(道義なし)が行われ、75kg級の山田崇太郎(ブレーブ)が優勝、60kg級の洞口幸太(マイスポーツハウス)が3位に入った。

 第4回を迎える大会で、グラップリングでの優勝は昨年の久能孝徳(チーム太田章)に続いて2人目。なお、久能は上位入賞ならなかった。(撮影=鎌賀秀夫)


 ◎No-Gi(道着なし)

 【60kg級】洞口幸太(マイスポーツハウス)   3位=9選手出場
3決戦  ○[2-0]Fabien Brochetelle(フランス)
準決勝 ●[一本]Dmytro Baranov(ウクライナ)
2回戦  ○[6-2]Andranik Ashugyan(ロシア
1回戦   BYE

------------------------------------

 【65kg級】井上学(イシイカイロプラテイックオフィッス)    13位=14選手出場
1回戦 ●[0-1]Sasso De Oliveira(イタリア)

 ※敗者復活戦へ回れず

------------------------------------

 【70kg級】上田雅道(立大)    9位=13選手出場
1回戦 ●[1-2]Aleksandar Kamenov(ブルガリア)

 ※敗者復活戦へ回れず

------------------------------------

 【75kg級】山田崇太郎(ブレーブ)   優勝=15選手出場
決  勝 ○[一本]Grzegorz Kloc(ポーランド)
準決勝 ○[2-1]Aleksandar Rajacic(セルビア)
2回戦  ○[一本]Dmytro Netkachov(ウクライナ)
1回戦  ○[一本]Paolo Strazzullo(イタリア)

------------------------------------

 【90kg級】久能孝徳(チーム太田章)   7位=11選手出場
2回戦 ●[0-1]Michele Verginelli(イタリア)
1回戦 ○[一本]Michael Kelly(米国)

 

昨年のパンクラチオンに続いて優勝した山田

表彰台の山田

初出場で銅メダルの洞口

表彰台の洞口

 

Share on Facebook