掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

山本美憂(Hakuju)が優勝、8年ぶりに全日本選手権出場へ…全日本女子オープン選手権最終日

 全日本女子オープン選手権最終日は10月16日、静岡県三島市の日大国際関係学部大講堂で行われ、ジュニア・シニアの部48kg級では、来年のロンドン五輪を目指して復帰した1991・94・95年世界チャンピオンの山本美憂(Hakuju)が、2004年2月のジャパンクイーンズカップ以来、約7年8ヶ月ぶりに出場。3試合を勝って復活優勝を飾った。

 まだ今年の全日本選手権の大会要項は発表されていないものの、従来はこの大会の優勝選手に出場権が与えられており、12月の全日本選手権に8年ぶりに出場することが確実となった。

 ■山本美憂の話「楽しかった。自分のレスリングをしようと思っていた。(全日本選手権では)もっともっと強くなって帰ってきます。前回の復帰のときは、汚い言葉で言えば『ビビッていた』ところがあった。今回はやっちゃえという感じだった。スピード、パワー、技術、すべてを磨いてきたい」

 個人賞は、山本が最優秀選手に与えられる全日本女子レスリング連盟会長賞を受賞。三島市長賞はカデット52kg級の木村安里(西邑楽高)、優秀選手賞は中学生の部が46kg級優勝の谷山菜緒(エンジョイ)、小学校5・6年生の部が+40㎏級の丸山栞和(長泉FA)がそれぞれ受賞した。

各階級の成績は下記の通り。


《一覧表・トーナメント表》

一 覧 表 ジュニア・シニアの部 カデットの部

 

 ◎ジュニア・シニアの部

▼48kg級 [1]山本美憂(Hakuju)、[2]植野さくら(自衛隊)、[3]青野ひかる(日大)

▼51kg級 [1]宮原優(JWA/安部学院)、[2]太田理穂(自衛隊)、[3]杉本恵(早大)

▼55kg級 [1]新井千明(早大)、[2]増田奈千(堺女子高)、[3]木下茜(法大)

▼59kg級 [1]中田絵理子(ワセダクラブ)、[2]加藤優希(環太平洋大)、[3]上原榛奈(法大)

▼63kg級 [1]望月芙早乃(安部学院高)、[2]渡部沙織(日体大)、[3]岡谷恵利(法大)

▼67kg級 [1]工藤佳代子(自衛隊)、[2]新井明恵(法大)

▼72kg級=出場なし


 ◎カデットの部

▼40kg級 [1]中美湖(おかやま山陽高)

▼43kg級 [1]須﨑麻衣(松戸ジュニア)、[2]吉崎祐衣(柳井学園高)、[3]渡辺里莉(マイスポーツ)

▼46kg級 [1]田邉優貴(安部学院高)、[2]片桐左智(堺女子高)、[3]内城陽夏(至学館高)

▼49kg級 [1]宮田里菜(マイスポーツ)、[2]坂上楓舞希(至学館高)、[3]石田瑞季(焼津中央高)

▼52kg級 [1]木村安里(西邑楽高)、[2]角谷萌々果(至学館高)、[3]廣瀬瑠実(安部学院高)

▼56kg級 [1]花田彩乃(JWA)、[2]倉舘愛(安部学院高)、[3]伊郷里咲(伊豆総合高)

▼60kg級 [1]坂野結衣(安部学院高)、[2]米田野乃佳(至学館高)、[3]藤田真美(柳井学園高)

▼65kg級 [1]香山芳美(安部学院高)、[2]山中美羽(京都海洋高)、[3]津田沙也加(堺女子高)

▼70kg級 [1]阿部梨乃(安部学院高)、[2]笹岡愛香(高知東高)、[3]雨宮愛里(北杜高)

 

 

Share on Facebook