日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2011.10.31

男子2選手、女子3選手が優勝…サンキスト・キッズ国際大会第1日


  全日本社会人選手権の優勝選手を中心にしたメンバーで参加したサンキスト・キッズ国際大会第1日は10月29日、米国アリゾナ州のメサで男子グレコローマンと女子が行われ、男子グレコローマン55kg級の清水早伸(自衛隊)、同84kg級の伊藤諒(自衛隊)、女子51kg級の鈴木綾乃(ジャパンビバレッジ)、同59kg級の正田絢子(網野クラブ)、同72kg級の鈴木博恵(クリナップ)の男女5選手が優勝した。

 女子63kg級の永島聖子(スポーツビズ)は決勝で敗れて2位。男子グレコローマン60kg級の倉本一真(自衛隊)、74kg級の葛西直人(自衛隊)、女子67kg級の宇野杏奈(日体大)は3位だった。

 各選手の成績は下記の通り(米国式の敗者復活戦トーナメントで実施)


 ◎男子グレコローマン

 【55kg級】清水早伸(自衛隊)    優勝=15選手出場
決  勝 ○[2-0(1-0,1-0)]Jermaine Hodge(米国)
準決勝 ○[2-0(1-0,TF6-0)]Paul Tellgren(米国)
2回戦  ○[2-0(1-0,3-1)]Tyler Cox(米国)
1回戦  ○[2-0(3-0,6-0)]Brandon Escobar(米国)

---------------------------------------

 【60kg級】倉本一真(自衛隊)    3位=13選手出場
3決戦  ○[2-0(TF7-0,3-0)]佐々木孝(自衛隊)
敗復戦 ○[2-0(TF6-0,1-0)]Eric Chandler(米国)
準決勝 ●[0-2(0-4,0-1)]Ellis Coleman(米国)
2回戦  ○[2-0(2-0,1-0)]Matt Holt(米国)
1回戦  ○[2-0(2-0,1-0)]Jeremiah Davis(米国)

---------------------------------------

 【60kg級】佐々木孝(自衛隊)    4位=13選手出場
3決戦  ●[0-2(TF0-7,0-3)]倉本一真(自衛隊)
敗復戦 ○[2-1(0-1,1-0,3-0)]Donavan DePatto(米国)
準決勝 ●[0-2(0-2,0-1)]Joe Betterman(米国)
2回戦  ○[2-0(TF6-0,5-0)]Jake Calhoun(米国)
1回戦  ○[2-0(1-0,5-3)]Juhan Gunnels(米国)

---------------------------------------

 【74kg級】葛西直人(自衛隊)    3位=18選手出場
3決戦  ○[2-0(3-0,1-0)]Aaron Briggs(米国)
敗復戦 ○[1-2(0-1,1-0,4-3)]Tanner Andrews (USOEC)
準決勝 ●[1-2(2-0,0-1,0-1)]Justin Lester(米国)
3回戦  ○[2-0(1-0,4-0)]Joe Uccellini (Fronhofer WC)
2回戦  ○[2-0(TF7-0,7-3)]Andre Metzger(米国)
1回戦   BYE

---------------------------------------

 【74kg級】角功介(自衛隊)    18選手出場
敗復戦 ●[0-2(0-1,0-2)]Aaron Briggs(米国)
準決勝 ●[0-2(0-2,0-2)]Andrew Bisek(米国)
3回戦  ○[2-1(0-5,1-0,TF7-0)]Darin Harris(米国)
2回戦  ○[2-1(1-0,0-2,1-0)]Timothy Bleau(米国)
1回戦  ○[2-0(1-0,TF6-0)]Jonathan Cody Rodebaugh(米国)

---------------------------------------

 【84kg級】伊藤諒(自衛隊)     優勝=16選手出場
決  勝 ○[2-1(3-1,0-1,1-0)]Jordan Holm(米国)
準決勝 ○[2-0(2-0,1-0)]Travis Rutt(米国)
2回戦  ○[2-1(0-1,1-0,1-0)]Michael Kelly(米国)
1回戦  ○[2-0(TF6-0,3-0)]Sam Fulton (アメリカン・サモア)

---------------------------------------

 【120kg級】曽我部健(日亜化学工業)   10選手出場
敗復戦 ●[フォール、1P1:18(F)]Nicholas Severson(米国)
1回戦  ●[0-1(0-1,0-1)]Brandon Rupp(米国)


 ◎女子

 【48kg級】桜井宏美(ランクアップ平野屋)     18選手出場
敗復5 ●[1-2(1-1,1-0,0-1)]Jessica Medina(米国)
敗復4 ○[2-0(1-0,4-0)]Kristi Garr(米国)
敗復3 ○[2-0(2-0,1-0)]Coralie Dixion(カナダ)
敗復2 ○[2-0(3-0,TF7-0)]Dyonne Sedillos(米国)
敗復1 ○[2-0(1-0,1-0)]Emily Webster(米国)
2回戦 ●[0-2(1-6,1-4)]Lindsay Prickett(カナダ)
1回戦 ○[フォール、?]Sherylyn Sabado(米国)

---------------------------------------

 【51kg級】鈴木綾乃(ジャパンビバレッジ)     優勝=8選手出場
決  勝 ○[2-0(1-0,2-0)]Carlene Sluberski(米国)
準決勝 ○[2-0(1-0,3-2)]Diana Ford(カナダ)
1回戦  ○[フォール、2P1:11(5-0、F)]Kalin Knight-Alverez(米国)

---------------------------------------

 【55kg級】松川知華子(ジャパンビバレッジ)     20選手出場
敗復2 ●[0-2(0-1,4-5)]Andrea Ross(カナダ)
敗復1 ○[2-0(TF 6-0,TF8-2)]Amy Whitbeck(米国)
3回戦 ●[1-2(4-4,4-0,4-5)]Leigh Jaynes(米国)
2回戦 ○[2-0(TF 6-0,TF6-0)]Shauna Isbell(米国)
1回戦  BYE

---------------------------------------

 【59kg級】正田絢子(網野クラブ)     優勝=13選手出場
決  勝 ○[フォール、1P0:29(F)]Amanda Hendey(米国)
準決勝 ○[フォール、1P1:01(F)]Jazzie Barker(カナダ)
2回戦  ○[2-0(5-0,7-0)]Carissa Reynolds(米国)
1回戦   BYE

---------------------------------------

 【63kg級】永島聖子(スポーツビズ)     2位=18選手出場
決  勝 ●[0-2(0-1,0-1)]Danielle Lappage(カナダ)
準決勝 ○[2-0(3-0,2-1)]Kristie Davis(米国)
3回戦  ○[2-1(1-2,1-0,1-0)]Melissa Apodaca(米国)
2回戦  ○[2-0(TF6-0,3-0)]Anela Santiago(米国)
1回戦   BYE

---------------------------------------

 【67kg級】宇野杏奈(日体大)     3位=6選手出場
3決戦  ○[2-1(0-1,3-1,4-1)]Sydney Nelson(米国)
敗復戦 ○[フォール、2P2:00(TF6-0,F)]Caroline Tess(カナダ)
準決勝 ●[1-2(1-0,0-1,1-2)]Sabrina Kelly(カナダ)
1回戦  ○[2-0(3-0,2-0)]Sydney Nelson(米国)

---------------------------------------

 【72kg級】鈴木博恵(クリナップ)     優勝=8選手出場
決  勝 ○[2-0(4-0,4-0)]Vanessa Wilson(カナダ)
準決勝 ○[2-0(2-1,1-0)]Iris Smith(米国)
1回戦  ○[フォール、1P0:42(F)]Heather O`Connor(米国)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に