日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2014.06.10

【全国中学生選手権・特集】須崎優衣(東京・稲付)がアカデミー初の3連覇達成!


(文=増渕由気子、撮影=矢吹建夫)

茨城県知事賞の副賞をバックに笑顔の須崎優衣(JOCアカデミー)

 アカデミー初の快挙達成! 全国中学生選手権女子44kg級は、JOCエリートアカデミー所属の須崎優衣(東京・稲付)が決勝で太田若那(千葉・我孫子2)を10-0のテクニカルフォールで下して優勝。女子史上6人目の大会3連覇を達成した。

 内容はほぼ完ぺきだったが、須崎は「準決勝でローリングを乗られて失点してしまいました。いつも試合は伸び伸びとやっているのに、今回の試合は『3連覇したい』という気持ちが強くて、プレッシャーを自分でかけて動けなかったです」と苦笑い。

 エリート集団のJOCアカデミーでも、これまで達成されなかった3連覇の大記録に対し、「先輩たちができなかった分、自分が初めてやってみたいと思った」と、記録にどん欲に挑んだ結果だった。

 オリンピック競技からの除外問題に揺れた昨年とは一転し、2020年東京オリンピック誘致が決まっての大会。地元開催に向け、日本協会は、いち早く東京オリンピック強化プランの一環で3スタイルの「ターゲット選手」を発表した。主に高校生や大学生がメインで選出されていたが、そこに中学瀬で唯一選出されたのが須崎だった。

3連覇を達成し、吉村祥子コーチからの祝福を受ける

 須崎は「ターゲット選手に自分の名前があって、びっくりしましたけど、うれしかった。もっと頑張ろうと思いました」と話し、モチベーションの向上につながった。須崎を指導する吉村祥子コーチは「須崎は確実に勝ちに行くレスリングをしています。基礎もメンタルもしっかりしていて、試合に不安要素がありません。その点が他の選手と比べると秀でています」と評価する。

 これまで、この大会と秋の全国中学選抜選手権で負けなしの須崎は、いよいよ2年前に加賀田葵夏が成し遂げた“中学6冠”に挑戦する権利を得た。その前にもビッグイベントが待っている。須崎は、「7月に世界カデット(選手権=スロバキア)があるので、今回の反省を生かし、今後の練習を頑張りたい」と、中学6冠の前に国際舞台でも活躍することを誓った。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp