掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

石田智嗣(警視庁)が優勝、森下史崇(ぼてぢゅう&Bum’s)は2位…ブリヤート国際大会第1日

 ロシアへ遠征している男子フリースタイル全日本選抜チームが参加した「ブリヤート国際大会」は3月14日、ウランウデで開幕。4階級が行われ、65kg級の石田智嗣(警視庁)が4試合を勝ち抜いて優勝した。同級に出場した前田翔吾(クリナップ)は3位。

 石田は準決勝で昨年のアジア選手権で敗れているバトマグナイ・バチュルン(モンゴル)に勝ち、決勝で昨年の世界選手権代表のバザル・バザルグルエフ(キ ルギス)に勝って優勝。石田の国際大会優勝は2010年世界学生選手権(イタリア)以来、4年5ヶ月ぶり2度目。メダル獲得は昨年のアジア選手権(カザフ スタン)の銅メダル獲得以来。

 57kg級の森下史崇(ぼてぢゅう&Bum’s)は2位。決勝で昨年のアジア選手権で敗れているチョゴバータル・ダムディンバザール(モンゴル=アジア選手権2位)に敗れた。同級の樋口黎(日体大)は3位、97kg級の山口剛(ブシロード)は3位だった。

 各選手の成績は下記の通り。74kg級には出場していない。(写真=チーム提供)

57kg級で2位入賞の森下史崇(ぼてぢゅう&Bum’s=表彰台左端)、3位の樋口黎(日体大=同右端)

97kg級3位入賞の山口剛(ブシロード=右から2人目)


 ◎男子フリースタイル

 【57kg級】森下史崇(ぼてぢゅう&Bum’s)    2位=24選手出場
決  勝 ●[1-2]Tcogtbaator Damdinbazar(モンゴル)
準決勝 ○[9-1]Stepan Sorkomov(ロシア)
3回戦  ○[3-3]Beligto Ayusheyev(ロシア)
2回戦  ○[8-6]Batbold Sodnomdash(モンゴル)
1回戦   BYE

-------------------------------

 【57kg級】樋口黎(日体大)    3位=24選手出場
3決戦  ○[Tフォール、11-0]Khash-Erdene Nyambadorzh(モンゴル)
準決勝 ●[7-8]Tcogtbaator Damdinbazar(モンゴル)
3回戦  ○[Tフォール、11-0]赤澤岳(日本=クラスノヤルスク在住)
2回戦  ○[12-3]Dmitri Axenov(ロシア)
1回戦  ○[Tフォール、11-0]Aydarbek Baimuratov(カザフスタン)

-------------------------------

 【57kg級】赤澤岳(クラスノヤルスク在住)    7位=24選手出場
3回線 ●[Tフォール、0-11]樋口黎(日体大)
2回戦 ○[12-12]Erdem Abarzadiev(ロシア)
1回戦 ○[Tフォール、11-0]Ayuzhav Nergyibaator(モンゴル)

※敗者復活戦へ回れず

-------------------------------

 【65kg級】石田智嗣(警視庁)     優勝=21選手出場
決  勝 ○[2-2]Bazar Bazarguruev(キルギス)
準決勝 ○[7-1]Batmagnay Batchuluun(モンゴル)
3回戦  ○[6-0]Dondop Tubchinov(ロシア)
2回戦  ○[3-2]Elvin Valiev(アゼルバイジャン)
1回戦   BYE

-------------------------------

 【65kg級】前田翔吾(クリナップ)     3位=21選手出場
3決戦  ○[Tフォール、11-1]Sanchir Batsukh(モンゴル)
準決勝 ●[1-2]Bazar Bazarguruev(キルギス)
3回戦  ○[14-8]Grigor Seropyan(ロシア)
2回戦  ○[6-5]Mengi Mortuy-Ool(ロシア)
1回戦  ○[4-1]Nyamdorj Battula(モンゴル)

-------------------------------

 【97kg級】山口剛(ブシロード)     3位=9選手出場
3決戦 ○[フォール、4-0]Bair Ukoev(ロシア) 
2回戦 ●[2-2]Eduard Arutunyan(ロシア)
1回戦  BYE


 

Share on Facebook