掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

《速報》樋口黎(日体大)高谷惣亮(ALSOK)太田忍(日体大)がオリンピック出場権獲得

 【カザフスタン・アスタナ、文=池田安祐美】リオデジャネイロ・オリンピックのアジア予選が3月18日、カザフスタン・アスタナで開幕。男女6階級が行われ、4階級に出場した日本は3選手がオリンピック出場枠を獲得した。

 2012年ロンドンオリンピックから2大会連続出場を目指す高谷惣亮(ALSOK)が、右ひざのケガを乗り越えて3試合を勝ち抜いて決勝へ。上位2名に与えられるリオ・デジャネイロオリンピックの出場権を獲得した。準決勝では、4年前の同予選の決勝で敗れているラシッド・クルバノフ(ウズベキスタン=2014アジア大会優勝)にリベンジしての勝利だった。

 日本のお家芸である軽量級は、フリースタイル、グレコローマンともに日体大の学生たちが活躍。フリースタイル57kg級は、樋口黎(日体大)が2試合を勝ち抜いて決勝戦へ。59kg級の太田忍(日体大)は、初戦から2012年ロンドンオリンピック金メダリストのハミド・スーリヤン(イラン)を撃破する金星を挙げるなどして、3試合を勝ち抜いて五輪出場を決めた。

 85kg級の岡太一(自衛隊)は、初戦で2014年アジア大会2位のリー・セイオル(韓国)に競り勝つが、準決勝で2月のアジア選手権王者のヤナルベク・ケンイーフ(キルギス)にテクニカルフォールで敗れてオリンピックの出場権獲得はならなかった。


 ◎男子フリースタイル

 【57kg級】樋口黎(日体大)    8選手出場

決勝   Yun Junsik(韓国)

----------------

準決勝 〇[Tフォール、1:09=10-0]Rahul Balasaheb AWARE(インド)
 《試合経過》第1ピリオドの45秒、樋口がタックルでテークダウン。連続アンクルホールドで一気に試合を決めた。

----------------

1回戦 〇[Tフォール、1:01=10-0]Berdi Atabayev(トルクメニスタン)
 《試合経過》樋口は第1ピリオドの開始早々タックルに入り、時間をかけてテークダウン。その後、アンクルホールドの体勢に入り、連続で決めて試合終了。


 【74kg級】高谷惣亮(ALSOK)   10選手出場

決勝 Galymzhan Usserbayev(カザフスタン)

----------------

準決勝 〇[4-2]Rashid Kurbanov(ウズベキスタン)
 《試合経過》第1ピリオド1分過ぎ、高谷は左脚のけがを感じさせない動きでタックルを決めて2点。2分40秒すぎにもカウンターでバックを奪って4-0とリード。第2ピリオドの中盤、高谷が消極的だとコーションを取られて1失点。その後、アクティブタイムを課され、得点できずに、2コーション目を受ける。終盤のクルバノフの追い上げを振り切って4-2で勝利。

----------------

2回戦 〇[Tフォール、3:55=16-6]Dovletmyrat Orazgylyjov(トルクメニスタン)
 《試合経過》第1ピリオド、高谷がタックルを2本決めて4-0とリードするが、直後に一本背負いを受けて4失点。だが、動じずにバックポイントやカウンターで追加点。その後も失点を許すものの、3分すぎにバックポイントを奪ってから和田スペシャルの連続技で一気に突き放してテクニカルフォールを決めた。

----------------

1回戦 ○[8-3]Lee Yunseok(韓国)
 《試合経過》第1ピリオド、高谷は片足タックルで攻められて2失点。さらにタックルで場外に押し出されて1失点とリードを許したが、第2ピリオドに入ると、バックポイントからアンクルホールドで2+2点。さらにカウンター攻撃でバックポイント。ローリングも決めて逆転勝ちした。


 ◎男子グレコローマン

 【59kg級】太田忍(日体大)   10選手出場

決勝 Lumin Wang(中国)

----------------

準決勝 〇[Tフォール、5:36=10-2]Kim Seunghak(韓国)
 《試合経過》先制は韓国。第1ピリオドの1分すぎにがぶり返しで太田から2点を取った。第2ピリオド、太田は、相手が前に出てきたところを合わせてそり投げで4点。がぶりがえしも決めて2点を追加した。終盤にもそり投げを決めて4点。10-2でテクニカルフォール勝ちし、オリンピック出場を決めた。

----------------

2回戦 〇[8-4]Firuz Tukhtaev(ウズベキスタン)
 《試合経過》太田は立ち上がり、相手の攻撃をかわせずバックを許してリフト技を決められる。投げはノーデンジャーのため2点になったが、4点のビハインド。太田は、第1ピリオドの終盤に胴タックルを決めたが、足を触ったと判定され0ポイント。第2ピリオド、太田は再び胴タックルを仕掛けて2点。ローリングにつなげて、さらにスタンドからがぶり返しも決めて一気に8点。8-4で逆転勝ちした。

----------------

1回戦 ○[7-4]Hamid Mohammad Soryan(イラン)
 《試合経過》スーリヤンが第1ピリオドの開始早々、スタンドから太田をコントロールしてバック。さらに投げ技で2点を追加。すかさず太田もバックポイント1点を返す。2分ごろ、太田が胴タックルで2点。スーリヤンの反則があり、2ポイント・コーションをもらって5-4と逆転。第2ピリオドも太田が中盤に一本背負いから崩してバックを奪い、7-4でオリンピック金メダリストに勝利した。


 【85kg級】岡太一(自衛隊)  8選手出場

準決勝 ●[Tフォール、1:41=0-8]Zhanarbek Kenzheev(キルギス)
 《試合経過》第1ピリオド、スタンドでプレッシャーをかけられ、パッシブを取られた岡は、パーテールポジションの防御へ。守り切れずにリフト技2回で6点。さらにローリングで2点を奪われ、0-8でテクニカルフォール負け。

----------------

1回戦 ○[3-1]Lee Seyeol(韓国)
 《試合経過》アジア大会2位のリーと対戦。岡が第1ピリオドの中盤に韓国のチャレンジ失敗で1点をもらう。第2ピリオド、岡が消極的とみなされ1点を失うが、終盤に相手が指をつかむ反則を犯してコーション。岡に2点が入って3-1で勝った。



 

Share on Facebook