掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

【5・27~29明治杯全日本選抜選手権・展望(5)】浜田千穂(日体クラブ)と坂上嘉津季(ALSOK)の対決か…女子58kg級

 《大会日程》=各日とも試合開始は午前10時  場所:東京・代々木競技場第2体育館
5月27日(金) 男子フリースタイル57・70・97kg級 / 男子グレコローマン71・80・98kg級 / 女子55・58kg級・60kg級
    28日(土) 男子フリースタイル74・86・125kg級 / 男子グレコローマン66・85・130kg級 / 女子63・75kg級
    29日(日) 男子フリースタイル61・65kg級 / 男子グレコローマン59・75kg級 / 女子48・53・69kg級


 【女子58kg級・展望】=13選手(5月27日実施)

 全日本選手権の1・2位は不出場。エントリー選手の中で、世界の舞台での実績からすれば、2014年世界選手権55kg級優勝の浜田千穂(日体クラブ)と同60kg級代表の坂上嘉津季(ALSOK)の争いとなろう。ともに、この階級での闘いは初めて。55kg級から上げた浜田と60kg級から下げた坂上、どちらが栄冠を勝ち取るか。

 全日本選手権3位で今年2月にアジア選手権出場を経験した樋口美賀子(環太平洋大)、同4位の今佑海(日大)、全日本学生選手権優勝の廣瀬瑠実(青山学院大)らの大学生選手が優勝争いに加われるか。

 昨年55kg級3位で4月のジュニアクイーンズカップ59kg級優勝の熊野ゆづる(東京・安部学院高)がどこまで上位に食い込めるか。

※エントリーに基づいた予想であり、直前の負傷等による戦力ダウンは勘案しておりません。

《歴代優勝選手》男子グレコローマン男子フリースタイル女子


 【2015年12月:全日本選手権】

 ▼決勝
伊調馨(ALSOK)○[フォール、1:13=4-0]●増田奈千(環太平洋大)

 ▼3位決定戦
樋口美賀子(環太平洋大)○[Tフォール、5:15=12-2]●今佑海(日大)


 ◎エントリー選手

※全日本選手権4位以内の選手以外はアイウエオ順

樋口美賀子(環太平洋大)

坂上嘉津季(ALSOK)

浜田千穂(日体クラブ)

《全日本選手権3位》
樋口美賀子(ひぐち・みかこ=環太平洋大)
1995年10月20日生まれ、20歳。和歌山県出身。大阪・香ヶ丘リベルテ高卒。160cm。2016年アジア選手権5位

《全日本選手権4位》
今佑海(こん・ゆうみ=日大)
1996年10月31日生まれ、19歳。東京都出身。東京・安部学院高卒。163cm。2015年アジア・ジュニア選手権3位

熊野ゆづる(くまの・ゆづる=東京・安部学院高)
1998年11月6日生まれ、17歳。青森県出身。158cm。2016年ジュニアクイーンズカップ59kg級優勝

小林奏音(こばやし・かなね=早大)
1996年4月7日生まれ、20歳。長野県出身。158cm。2015年全国社会人オープン選手権55kg級優勝

坂上嘉津季(さかがみ・かつき=ALSOK)
1992年11月7日生まれ、23歳。千葉県出身。愛知・至学館高~至学館大卒。160cm。2014年世界選手権60kg級9位

坂上楓舞希(さかがみ・ふぶき=至学館大)
1996年2月28日生まれ、20歳。千葉県出身。愛知・至学館高卒。158cm。2016年ジュニアクイーンズカップ59kg級2位

竹下菫(たけした・すみれ=愛知・至学館高)
1998年7月15日生まれ、17歳。香川県出身。157cm。2015年JOC杯カデット52kg級3位

成國琴音(なりくに・ことね=東京・文化学園大杉並高)
1999年6月13日生まれ、16歳。東京都出身。159cm。2015年世界カデット選手権56kg級2位

花井瑛絵(はない・あきえ=愛知・至学館高)
1999年11月22日生まれ、16歳。三重県出身。159cm。2014年全国中学生選手権52kg級3位

浜田千穂(はまだ・ちほ=日体クラブ)
1992年11月17日生まれ、23歳。神奈川県出身。東京・日本工大付駒場高~日体大卒。160cm。2014年世界選手権55kg級優勝

廣瀬瑠実(ひろせ・るみ=青山学院大)
1995年9月5日生まれ、20歳。静岡県出身。東京・安部学院高卒。164cm。2015年全日本学生選手権優勝

松見千都彩(まつみ・ちとせ=環太平洋大)
1994年10月6日生まれ、21歳。京都府出身。京都・南京都高卒。159cm。2015年全日本学生選手権2位

宮田理菜(みやた・りな=法大)
1995年9月21日生まれ、20歳。岐阜県出身。163cm。2015年全国社会人オープン選手権2位



 

Share on Facebook