日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2016.05.31

【明治杯全日本選抜選手権・特集】16歳で優勝! 東京オリンピックへの“一番星”輝く…女子48kg級・須崎優衣(JWA/東京・安部学院高)


(文=渋谷淳、撮影=矢吹建夫)

 女子48kg級に新星現る-。全日本チャンピオンの入江ゆき(自衛隊)が最有力候補と見られた同級で、優勝をさらったのは高校2年生の須崎優衣(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)だった。

 高校2年生での優勝は、2011年に土性沙羅(現至学館大)が達成して以来。厳密には土性の方が若くなるが(土性=16歳6ヶ月、須崎=16歳10ヶ月)、全日本選抜選手権チャンピオンの最年少タイ記録となった。

 須崎は昨年12月の全日本選手権決勝でも入江と対戦し、0-10のテクニカルフォール負け。「何もできずに負けた」という相手だった。だからこそ「思い切りいこう、やってやろう」と気持ちを強く持ち、入江の待つマットに上がった。

 約5ヶ月ぶりの再戦では、言葉通りに積極的に仕掛けて入江を後手にまわらせ、リードを広げる理想的な展開。終盤に全日本チャンピオンの意地の反撃を食らったが、「守ったら負けると思ったので攻めた」と最後まで崩されずに試合終了のホイッスルを聞いた。

 「前回は勝手に焦って崩されたところがあった。今回はとにかく落ち着いてやろうと思った」と語った16歳は、勝利が決まった瞬間、喜びのあまり大粒の涙を流して感情を爆発させた。
■試合前夜、吉村祥子コーチが真剣に相談を聞いてくれた

 7歳の時、父・康弘さんが観戦していたレスリングのオリンピック中継を見て、「やってみたい」と思い、千葉県の松戸ジュニアでレスリングを始めた。着々と力をつけ、中学に進むとオリンピック金メダルを目指してJOCエリートアカデミー入り。世界選手権5度優勝の吉村祥子コーチの指導を受け、世界カデット選手権2連覇の快挙を達成した。

 今大会の前夜、頭と心の整理がつかなかった須崎は、吉村コーチのもとへ行った。「コーチが真剣に相談を聞いてくれたので優勝できたと思う」と恩師に感謝した。

 次の目標は8月のインターハイ(広島)で、安部学院高が目標とする全階級制覇に貢献することだ。課題は「タックルで(やみくもに)飛びこんでしまうので、組み手からのタックル、近い距離からタックルなどを練習して、グラウンドやがぶりでもポイントが取れるようにしたい」とのことだが、これらはインターハイというよりも、すべて4年後の東京オリンピックを見据えての発言と言えるだろう。

 リオデジャネイロ・オリンピック代表に内定している登坂絵莉(東新住建)が、その後も48kg級で闘うかどうかは分からないが、東京オリンピックで夢の金メダルを獲得するためには、ライバルたちとの厳しい代表レースを勝ち抜き、オリンピック出場のキップを手にしなければならない。

 「今日から気持ちを切り替え、一日一日を大切にしてがんばりたい」と須崎。21歳で自国開催のオリンピックを迎える高校2年生の目は、どこまでも輝いていた。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp