掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

【新春特集】挑戦は、いつも美しい! 日本女性として初めて“メジャー”の舞台へ挑む米岡優利恵さん(4)完

(1)(2) / (3)


(文=樋口郁夫)

 いずれにせよ、まず米国の学生レスリング界での活躍が必要だ。辛かった4年半の努力を心の支えに、階段を一歩一歩昇り、全米学生チャンピオンへと駆け上ってほしい。その道は、日本女子選手にとっての新たな道となるのであり、多くの選手の希望ともなる道だ。

 女子レスリングのさらなる広がり、発展につながる米岡さんの挑戦の健闘を期待したい。


 ■日本協会・福田富昭会長の話「レスリング選手がレスリングではなく、英語を3年間も勉強して、米国行きの夢をかなえたことに敬意を表したい。すばらしいこと。英語を話せるようになりたい、とは、だれもが思っていることだと思うが、それを行動に移すことは、なかなかできないのが現実だ。夢に向かって自分の気持ちを貫いたことに感動した。ぜひとも全米のチャンピオンになってほしい。将来は、国際舞台で活躍できうる人材だと思う。日本協会の国際担当としての活躍も期待したい」

 ■日本協会・栄和人強化本部長の話「強い意志をもって夢を実現した行動に感動した。1日10時間もの英語の勉強、しかも独学でといったことは、普通ではできない。よほど強い気持ちがあったのだと思う。野茂投手がアメリカへ渡って以来、大リーグが日本の野球選手のあこがれになったように、米岡さんにあこがれてアメリカでのレスリング活動を目指す選手も出てくると思う。女子選手の活動の場を広げてくれた行動に感謝するとともに、健闘を期待したい」

 ■埼玉栄高校・野口篤史監督の話「中学時代はけがが多く、これといった実績はなかった。高校で全国3位にまで力を伸ばし、大学ではチャンピオンになってくれることを期待したが、いろんな事情で辞めてしまった。英語を勉強し、こういう形でレスリングを続けることに驚いている。ひとつのことに集中して頑張る能力のある子だったので、それが(英語のマスターで)生きたのだと思う。新たな挑戦に期待したい」


米国へ旅立つ米岡優利恵さんへ

千葉・柏レスリングクラブ 今村房雄

 優利恵チャン、いや、もう「優利恵さん」かな! 貴女の再出発に心から敬意を表し、応援します。この応援は、豊島先生、矢後先生、石塚先生の下、柏クラブのマットで汗を流した選手達、そして、その保護者の気持ちです。

 優利恵がお兄さんと一緒に、ご両親に連れられて初めて道場に来た時のことを、はっきり覚えています。色白の目の大きい女の子でした。水泳をしていたせいか、上半身がたくましく、柔らかな体の子供でした。マット運動やタックル等を指導すると、数多く練習し、すぐに活用できる子供でした。

 試合の度に泣いたり、笑ったりしながら、小学校、中学校と続けましたが、高校に入る時、「レスリングの強豪校でやりたい」という気持ちを聞いて、少々驚きました。優しくて、子供たちから敬われる性格で、勉強もできたので、レスリングを続けながら、何らかの形で地域のレスリングの指導に貢献してほしいと考えていたからです。

 しかし、初志を貫き、努力して埼玉栄高校に進みました。最上級生の時はキャプテンとなり、その務めを立派に果たしました。夢と希望をもって大学に進学したと聞いております。

 歳月の経つのは早いもので、昨年の5月末頃、久しぶりに優利恵の父上から電話をいただき、今度の選択を聞きました。これにもびっくりです。そして、あらためて芯のある女性になったと感慨深い思いでした。優利恵は再度レスリングに挑戦し、そして経営学を勉強したいという希望を話してくれました。

福田富昭会長が発行した「激動の日本女子レスリング物語」

 人生は長い月日です。しかし、およそ3万2000日しかありません。では、やりたいことにチャレンジできる日数はどうでしょう。15歳までは選べない。65歳ではもう遅い、とすれば、1万4000日くらいでしょうか(そのうち3分の1は眠っています。

 73歳の私が言えるのは、優利恵は自分の夢と希望をかなえられる月日の真っ只中にいることです。数年です。今、努力しなければ後悔する! 優利恵、ガンバレ!

 先日、福田富昭会長の書かれた「激動の日本女子レスリング物語」を拝読しました。そして、実行力とご努力に感銘を覚えました。その中で、私が感激したのは、メダリスト達の努力はもちろんのことですが、裏で支えている方々のお話でした。

 人にはそれぞれ持ち味があり、その表現のやり方、パフォーマンスは百人百様です。組織を支える人、選手として努力する人、それらを応援する人、全員がそれぞれのパフォーマンスを発揮して、ひとつの夢と目標を達成できることを改めて認識させていただきました。優利恵、貴女はどの道を目指して精進するのでしょうか。

 私が協会から功労賞をいただいた時、優利恵は手紙をくれましたね。大変うれしかったです。今でも大切に持っております。貴女が柏の道場で学んだ攻めるレスリング、攻める生き方を、米国で実践してください。その結果を見るまで、私は健康に注意して生き続けたいと思います。

 優利恵、身体と心に気を配り、父母に感謝の気落ちを忘れず、努力してください。

 最後になりましたが、これまでご指導いただいた先生、コーチの皆様にお礼を申し上げ、今後ともよろしくお願い申し上げます。



 

Share on Facebook