掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

階級区分についても論議か?…ベオグラードでUWWテクニカル委員会

 ロシア・レスリング協会のホームページは、このほどセルビア・ベオグラードで、UWWのネナド・ラロビッチ会長(セルビア)を含めてテクニカル委員会(委員長=ロシアのミハイル・マミアシビリ会長)が行われ、12月にハンガリー・ブダペストで行われたUWW理事会で決定されたルール改正などの細部について話し合ったことを報じた。

 内容は明らかにされていないが、「階級区分」についても話し合ったと報じている。

 UWW理事会では、2018年から1回戦~決勝までを2日かけて行うことを決めた一方、計量時間など細部は決めていなかった。階級区分についても、変更する可能性は否定しなかったが、具体的な案などは出なかった。これらのことが論議されたものと推測される。

 ラロビッチ会長は委員会の冒頭、「新しいオリンピック・サイクルにあたり、重大な改革(チェンジ)が待っている。テクニカル委員会はUWWのエンジンである」などと話したという。



 

Share on Facebook