掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

米国チームがイランでの男子フリースタイルW杯へ出場へ…政治的対立を乗り越えられるか

 米国のトランプ大統領がイランを含めたイスラム圏7ヶ国の入国禁止を決め、イランはその報復として米国人のイラン入国禁止を検討しているが、米国の主要メディアは、米国のレスリング・チームが今月16~17日にイラン・ケルマンサで行われる男子フリースタイルのワールドカップへの参加方針を示したことを報じた。

 米国レスリング協会のリッチ・ベンダー専務理事は、USAレスリング協会ホームページのほか、「USA Today」紙などのメディアに対し、「ケルマンサに行くことは米国レスリング・チームの総意である。米国協会は、イランから選手の入国申請に対して特別な注意が払われる保証を得ている。レスリングは政府の方針や政治を超越してきた長い歴史がある。それはスポーツとオリンピック・ムーブメントの美しさであり、政治ではなくアスリートの闘いだ」などとコメントしている。

 米国のメンバーには、2012年ロンドン・オリンピックを含めて4度世界一に輝いている74kg級のジョーダン・バローズも含まれている。

 米国とイランは1980年に国交が断絶され、現在も核兵器などをめぐって政治的に対立しているが、1995年に米国・チャタヌーガで行われた男子フリースタイルのワールドカップには、国交断絶後、あらゆるスポーツを通じて初めてイランのアスリートが入国。1998年にイランで行われた「タクティ・カップ」には、1992年バルセロナ・オリンピック金メダリストのケビン・ジャクソンら米国選手が出場するなど、レスリングは断絶緩和に大きな役割を果たしてきた。

 2013年にレスリングがオリンピック競技からの除外の危機を迎えた時、両国は再び険悪な関係になっていたが、ニューヨークの国連本部前でロシアを含めた対抗戦を実施するなど、レスリングには政治を超えて平和に貢献できる力があることをアピールした。



 

Share on Facebook