日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.02.03

松坂誠應(日体大)が2位、成國大志(青山学院大)と山崎弥十朗(早大)が3位…デーブ・シュルツ国際大会・第2日


メダル獲得の選手。左から成國大志、山崎弥十朗、松坂誠應

 デーブ・シュルツ国際大会第2日は2月2日、米国・コロラドスプリングズで男子フリースタイルが行われ、全日本チームのメンバーとして参加した86kg級の松坂誠應(日体大)が2位に入賞。学生選抜チームとして出場した61kg級の成國大志(青山学院大)と74kg級の山崎弥十朗(早大)が3位に入った。
 
 松坂は国際大会初優勝。1回戦から3連勝して決勝まで進んだものの、昨年の覇者のオースティン・トロトマン(米国)に敗れた。
 
 成國はシニアの国際大会初出場でメダル獲得。山崎はシニア2大会目で国際大会のメダルを手にした。
 
 55kg級の藤田雄大(青山学院大)と65kg級の坂本侑之(拓大)は3位決定戦に進んだものの、敗れて4位。
 
 各選手の成績は下記の通り。(写真はチーム提供)

◎男子フリースタイル(70kg級は派遣なし)

 【57kg級】藤田雄大(青山学院大)   4位=17選手出場
3決戦 ●[Tフォール、1:02=0-10]Joe Colon (米国)
敗復3 ○[不戦勝]Frank Parrelli(米国)
敗復2 ○[6-1]Dathe Capellan(カナダ)
敗復1 ○[8-2]Sebastian Rivera(米国)
3回戦 ●[Tフォール、5:07=4-15]Joe Colon(米国)
2回戦 ○[Tフォール、2:22=12-2]Jackson Henson(米国)
1回戦  BYE

--------------------------------

 【61kg級】成國大志(青山学院大)   3位=14選手出場
3決戦  ○[フォール、1:27=4-0]Ian Parker(米国)
敗復戦 ○[14-7]Daniel Deshazer(米国)
準決勝 ●[8-10]Kanen Storr(米国)
2回戦  ○[6-2]Ian Parker(米国)
1回戦  ○[Tフォール、3:37=12-2]Vincent Leone(米国)

--------------------------------

 【65kg級】坂本侑之(拓大)   4位=14選手出場
3決戦 ●[Tフォール、1:47=0-11]Kellen Russell(米国)
敗復3 ○[不戦勝]Hunter Stieber(米国)
敗復2 ○[7-5]Mario Mason(米国)
敗復1 ○[Tフォール、3:54=12-2]Daniel Neff(米国)
2回戦 ●[2-7]Kellen Russell(米国)
1回戦 ○[Tフォール、5:45=12-1]Dillon Williams(米国)

--------------------------------

 【74kg級】山崎弥十朗(早大)    3位=10選手出場
3決戦 ○[Tフォール、4:59=11-1]Quinton Godley(米国)
敗復3 ○[不戦勝]Michael Moreno(米国)
敗復2 ○[不戦勝]Vladyslav Dombrovskiy(米国)
敗復1 ○[4-0]Jasmit Phulka(カナダ)
1回戦 ●[3-9]Michael Moreno(米国)

--------------------------------

 【86kg級】松坂誠應(日体大)    2位=14選手出場
決  勝 ●[Tフォール、5:57=0-10]Austin Trotman(米国)
準決勝 ○[11-4]Victor Terrell(米国)
2回戦  ○[7-6]Timmy Mccall(米国)
1回戦  ○[5-2]Canaan Bethea(米国)

--------------------------------

 【86kg級】白井勝太(日大)    14選手出場
敗復2 ●[3-10]Peter Renda(米国)
敗復1 ○[Tフォール、4:04=12-2]Wilwlm Meyer vilojoen(南アフリカ)
2回戦 ●[4-8]Victor Terrell(米国)
1回戦 ○[4-2]Vic Avery(米国)

--------------------------------

 【86kg級】松雪泰成(専大)    14選手出場
敗復戦 ●[Tフォール、3:54=0-10]Vic Avery(米国)
2回戦  ●[Tフォール、1:36=0-10]Joshua Asper(米国)
1回戦  ○[9-6]Wilwlm Meyer vilojoen(南アフリカ)

--------------------------------

 【97kg級】赤熊猶弥(自衛隊)    10選手出場
敗復戦 ●[7-7]Blaize Cabell(米国)
1回戦  ●[Tフォール、3:47=0-10]Kyven Gadson(米国)

--------------------------------

 【97kg級】園田平(拓大)    10選手出場
敗復戦 ●[フォール、3:32=4-4]Blaize Cabell(米国)
2回戦  ●[フォール、1:33=0-8]Dustin Kilgore(米国)
1回戦  BYE

--------------------------------

 【97kg級】二ノ宮寛斗(明大)    10選手出場
敗復戦 ●[フォール、0:43=0-4]Kyven Gadson(米国)
1回戦  ●[Tフォール、5:40=4-15]Blaize Cabell(米国)

--------------------------------

 【125kg級】金澤勝利(自衛隊)   7選手出場
敗復戦 ●[フォール、3:00=4-5]Ben Durbin(米国)
準決勝 ●[Tフォール、5:21=0-10]Dominique Bradley(米国)
1回戦  ○[Tフォール、0:28=10-0]Joseph Hensley(米国)

--------------------------------

 【125kg級】山本泰輝(拓大)   7選手出場
敗復戦 ●[2-6]Ben Durbin(米国)
1回戦  ●[4-12]Justin Grant(米国)

--------------------------------

 《チーム別対抗得点》

[1]TMWC 88点、[2]サンキスト 45点、[3]日本 39点、[4]NYAC 27点


 






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp