日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.02.25

【特集】学生二冠王の実績で文田健一郎と太田忍の牙城に挑む!…男子グレコローマン59kg級・河名真寿斗(専大)


 男子グレコローマン59kg級で著しい成長を見せている文田健一郎(日体大)。オリンピック銀メダリストの太田忍(ALSOK)を猛追し、今年8月の世界選手権(フランス)の日本代表を狙っている。勝負の世界は非情で、その文田すら、もう“追われる立場”にいるのが現状だ。文田より1歳上だが、背後に忍び寄り、プレッシャーを与えているのが、今年度の学生二冠王者の河名真寿斗(専大)。

 全日本大学グレコローマン選手権は2階級上の71kg級での優勝という実力を見せ、今月初めの「デーブ・シュルツ国際大会」(米国)で優勝。4月からクリナップでレスリングに専念し、太田、文田の牙城に挑戦する。

■4歳から始めたレスリングだが、中学でブランク

 河名は「シニアの国際大会で優勝したことを自信にし、この勢いを続けたいと思います」と国際大会初優勝の喜びを表したが、一方で「グレコローマンはやはりヨーロッパです。ヨーロッパの闘いで勝たないと、という気持ちです」とも話し、この優勝におごる気持ちはない。

 2015年には世界ジュニア選手権(ブラジル)で3位に入っている。ジュニアの世界3位とシニアの優勝…。しいて比べるなら、世界ジュニアの3位の方が意味を持つという。「ヨーロッパの選手に勝ちましたから」。3月には全日本チームのクロアチア遠征のメンバーに選ばれている。欧州のグレコローマンをしっかり吸収し、基盤を固めたいところだ。

 レスリングは4歳の時から「東広島ジュニアレスリングスポーツ少年団」(深水真司代表)で始めた。4年生の時(2004年)に全国少年少女選手権26kg級で優勝。しかし、ご他聞にもれず中学ではレスリングに打ち込む環境がなく、陸上部に所属してレスリングは週末にやる状況だった。

 三次高校に進んで再びレスリングの道へ。大きな理由は、「1年生の時のインターハイが石垣島であったことです。石垣島に行きたかったからです」と笑う。三次高校は部員も多く、学校対抗戦では確実にインターハイに行ける状況だった。その思いが実現し(自身もレギュラーとして出場し2戦2勝)、「楽しかった」と言う。

■大きな壁だった文田健一郎の牙城に肉薄!

 個人戦では1年生でインターハイ出場とはならず、すぐに活躍はできなかったが、グレコローマンで徐々に実力を発揮。2年生の国体で3位、3年生では全国高校生グレコローマン選手権3位、国体2位と、まずまずの成績を残した(いずれも55kg級)。

 3年生の時、大きな壁だったのが1年下の文田だ。JOC杯カデットを含めて3度の全国大会で闘い、3戦全敗。ポイントは1点も取れなかった。当時はピリオド制のルールだったが、今なら3度とも0-8のテクニカルフォールで負けていた実力差だっただろう。

 その文田とは昨年2度闘い、全日本選抜選手権は2-7、全日本選手権は4-6という内容。4年の歳月をかけ、次は勝ってもおかしくない状況にまでやってきた。世界ジュニア選手権で3位に入ったことが、モチベーションが上がった大きな要因だという。

■河名真寿斗の対文田健一郎の対戦成績

大 会 名 階級 結  果
2016年 全日本選手権 59kg級 ●4-6
2016年 全日本選抜選手権 59kg級 ●2-7
2014年 全日本学生選手権 59kg級 ●0-6
2014年 JOC杯ジュニア 60kg級 ●0-4
2012年 国民体育大会 55kg級 ●0-2(0-2,0-5)
2012年 全国高校生グレコローマン選手権 55kg級 ●0-2(0-4,0-4)
2012年 JOC杯カデット 54kg級 ●0-2(0-2,0-1)

 では、そこに至るまでには、どうやって気持ちを高めたのか。大学でもレスリングを続けようと思ったのは、「このままでは終わりたくない、という気持ちがありました。もっと強くなれるのではないかな、と思いました」。

■3月にグレコローマンの本場で修行

 専大へ進んだ最初の年は新人選手権でも3位入賞はなく、壁を感じたとしても不思議ではない。「進学を機に55kg級から60kg級に上げまして(1年途中から59kg級)、勝てなくても仕方ない、という気持ちでした。」と振り返る。

 専大はグレコローマンの選手が少なく、いろんなタイプの選手を相手に量をこなすことはできない。その分、「佐藤(満)コーチ、今は監督の久木留(毅)コーチの指導のもと、考えるレスリングをやってきて、それが今につながったように感じます」とも言う。

 71kg級で大学王者に輝いたのは、選手が少ない分、上の階級の選手と練習することが多く、それが役立った。練習環境は整っていなくとも、それがプラスになることは多々ある。「出場していたのはフリースタイルの選手が多く、グレコローマンの専門家として負けられないという意地もありました」とも言う。

 3月はグレコローマンの本場での修行だ。「ヨーロッパのシニアの選手と闘えることは楽しみです」と気持ちは乗っている。59kg級の選手としてパワーはある方だと自覚している。「パワーでは負けないと思います」と自信を見せる。

 4月からは実質的なプロ選手。「学生時代は、負けても許される部分はあると思います。これからは、しっかり結果を出していかないとなりません」と話し、新天地での活躍を誓った。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に