日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.03.08

【全自衛隊・特集】今季は一部リーグでの闘い! 防衛大学校1年生の市原巧貴が両スタイル制覇


 防衛関係の組織の選手に参加資格がある全自衛隊大会には、防衛大学校の選手も出場している。同大学校は授業(勤務)の関係で平日の学生の大会には参加できないこともある。土日開催のこの大会は、鍛えた実力を発揮する貴重な機会となる。

 今年は、昨年も勝った森崎克也が両スタイルの57kg級を制したほか、1年生の市原巧貴がフリースタイル70kg級とグレコローマン74kg級を制し、殊勲賞を獲得した。「何とか勝てたか、という感じ。とりあえずうれしいです」と話す市原は、実は右手首を痛めて積極的な動きはできなかったという。

 特に、最後に行われたグレコローマンの決勝では、その手首をさらに痛めてしまい、大変だったそうだが、その分、相撲のぶちかましのような前へ出る闘いとなり、「かえってよかった」そうだ。フリースタイルの決勝とグレコローマンの決勝の試合間隔が短かったことが大変だったそうだが、「なんとか回復させることができ、最低限の力は出せた。日頃から強い上級生と練習している成果が出たと思います」と振り返った。

 香川・香川中央高校で、昨年のリオデジャネイロ・オリンピックに審判として参加した沖山功監督が育てた選手。3年生の最後の国体で2位になったのが最高だった。「大学へ行って別のスポーツに方向転換は考えられなかった」としてレスリングを続けることへ。父が横浜修悠館高校の出身で、父の足跡をたどってみたいとして昨年春、防衛大学校に進んだ。

 最初の大きなイベントだった5月の東日本学生リーグ戦は2勝2敗の成績。東海大との入れ替え戦では、チームの4勝目を挙げ、一部昇格へ貢献した。個人では、大田区大会、豊島区大会などで優勝したものの、学生の大会では上位入賞ならず。今年は、一部リーグでのチームの活躍とともに、東日本学生新人選手権での上位入賞が目標だ。

 「学生のレベルは高い。まだ1回戦を勝ち抜ける実力もない。けれど、ずっと負けるのは嫌です。最終的には学生の大会でも勝ちたい。今回の優勝は、そのひとつの糧にはなったと思います」と話し、この優勝を今年のステップにする腹積もりだ。

 沖山オリンピック審判員からは、諦めないことと、努力を続ける選手が最後は勝てることを教えられたという。「その精神をもって、あと3年間、頑張りたいと思います」と締めくくった。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に