日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.05.16

アジア選手権出場の女子チームが帰国


 アジア選手権に出場した女子の代表チームが5月15日、成田空港着の日本航空で帰国した。金メダル5個を含めて全選手がメダル獲得。日本の強さを見せつけた大会。これまでのインド遠征では、下痢に襲われたり、発熱した選手などがいたが、今回は体調をこわした選手はなし。コーチングスタッフの管理力も評価される遠征となった。

 ただ、笹山秀雄監督(自衛隊)は「成績はよかったが、力を出し切れていない選手もいた。全階級で金メダルもいけた。ふだんの力を出し切れるように指導したい。(優勝した)土性選手も攻め切れないことが多く、失点も多かった」と厳しい第一声。「このままでは世界での闘いに不安があります」と言う。

 ただ、48kg級の須崎優衣(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)、55kg級の南條早映(同)の若い選手の優勝には満足そう。「須崎は中国を破る殊勲をあげ、世界選手権でも優勝を狙える。南條も持っているものを出し切った」と話した。

 今回の優勝選手は7月14~16日のゴールデンGP決勝大会(アゼルバイジャン)の出場資格を与えられる予定で(交代も認められる)、世界選手権の代表に決まれば、世界選手権前の実戦練習として参加することもできる。

 詳細な強化方針はこれからだが、選手の希望を優先したいとのこと。ゴールデンGP決勝大会で力試しをして世界選手権へ挑む選手も出てきそうだ。


 ■48kg級優勝・須崎優衣(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)「アジアを勝ったことで、世界チャンピオンになりたいという気持ちを強く持ちました。ただ、課題も多く見つかりました。タックルでしかポイントを取れなかったので、がぶりやグラウンドの必要性などです。しっかり克服して世界選手権の代表を勝ち取り、世界選手権へ向かいたい。(オリンピック3位の孫亜楠を破り)自信になります」

 ■53kg級優勝・向田真優(至学館大)「絶対優勝と思っていて、達成できたのでよかったです。準決勝の中国戦は2-0で危なかったのですが、最後まで強い気持ちを持って闘うことができたのが収穫です。後半守ってしまう部分があったので、それを克服して明治杯(全日本選抜選手権)に臨みたいと思います。階級は違いますが、今年も世界選手権で金メダルを取れるように頑張りたい」

 ■55kg級優勝・南條早映(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)「優勝できてよかった。うまくいったタックルもあるけど、懐に入り込むタックルや当たって倒すタックルができなかった。上のレベルで闘うためには、それらのマスターが必要だと思います。全日本選手権で勝って殻を破れたと思いましたが、左手をけがして落ち込んでしまった。できることをやらなければいけないのに、やらずにクイーンズカップで負けてしまった。この大会は絶対に勝つつもりでした。明治杯(全日本選抜選手権)は上下の階級から選手がエントリーしてきた。チャンピオンは私だということを証明したい」

 ■60kg級優勝・川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)「結果も内容も自分の思う通りで、いい大会でした。新しい階級でしたけど、58kg級も63kg級も経験していて、その間の階級なので特別なことは何もありません。階級は違っても周りからは研究され、マークされているところは感じました。その中でも勝てたので、よかったです。でも、いろんな国からいろんな選手が出てくるでしょうし、その中で安定した強さを目指したい。会社の人からも祝福いただきました。明治杯はジャパンビバレッジでのシングレットの初戦なので、がんばりたい」

 ■69kg級優勝・土性沙羅(東新住建)「優勝できたことはよかったのですが、内容は全然駄目だった。課題が見つかったことがよかったことです。カザフスタン戦も中国戦も攻め切れず、中国戦は失点も多かった。まだしっかりできていないことが分かった。研究されていると感じることもありましたが、それを乗り越えなければなりません、明治杯へ向けて、失点しないという課題を克服していきたい」


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp