日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.13

【全国中学生選手権・特集】須田快晴(長崎・郡)が初の全国制覇で、チーム初の全中チャンピオンへ


(文=増淵由気子、撮影=矢吹建夫)

 チャンピオンは最高です! 全国中学生選手権の男子53kg級決勝は須田快晴(長崎・群3年)が小川琉生(三重・南3年)を4-0で破り、エントリー数93人の頂点に立った。出場選手数が多く激戦となる男子の軽中量級は、小学生時代から実績を残してきた選手が勝ち上がるケースが多い。須田は「これまで全国3番が最高の成績。初めての全国チャンピオンになって最高の気分。僕は泣いてないけど、親は泣いていました」と、家族で喜びを分かち合った。

 日体大でレスリングの経験がある濱崎宏監督率いる大村ジュニアで練習を積んでいる。クラブの人数は30人ほど。活気はあるが、小学生が多く、中学生の練習相手は不足気味。須田は昨年のこの大会はベスト8に終わり、成績は伸び悩んだ。

 弟が全国少年少女大会で優勝したことも刺激となり、もっと強くなりたいと監督にアピールすると、濱崎監督は隣県の佐賀・鳥栖工高への出げいこを提案した。鳥栖工高は、監督の大学の先輩である小柴健二監督が率いている。

 「大村から鳥栖工高まで高速で片道2時間くらい。両親が送り迎えしてくれたり、同じチームメイトと電車で行くこともあります」。往復4時間の道のりも、強くなるためなら苦にならなかった。平日は地元のクラブで学び、週末は隣県の強豪高で高校生を相手に練習を積んだ。

 鳥栖工高のキッズクラブに所属する小柴伊織との絆も須田を強くした。小柴は73kg級に出場し準決勝で敗れて3位。けれども、須田の決勝前には勝つためのアドバイスを熱心にしてくれたそうだ。「同じ階級だった時はライバルだったけど、今はよき仲間。テクニシャンなので一番技を教えてもらったかもしれない」。

 須田は「この1年で持ち技の種類をたくさん増やすことができました」と、出げいこの効果を実感している。濱崎監督は「週末の出げいこ以外でも、普段から動画サイトでトップ選手の技を真似したりして、とても熱心に研究しています。有名選手の入場時のクセまでも再現していますからね(笑)」。

 普段から研究熱心なこともあり、鳥栖工高に出げいこを始めてから実力が飛躍的に伸びた。今、足りないと感じているのは体力面だ。93選手の頂点に立つために2日間で7試合を勝ち抜いた。「体力をもっとつけないといけない」と実感したが、この疲労感が須田にとって少し快感だった。これまでは疲れる前に負けてしまうことが多かったからだ。「今回は実力を出し切ったと思います」と満足そうに話した。

 このあと、高校、大学とレスリングを続けて将来は、「ロンドン・オリンピック金メダリストの米満(達弘)選手のようにオリンピックのチャンピオンになりたい」と大きな目標を掲げた。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp