日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.13

オリンピック王者のカイル・スナイダーらが世界選手権代表へ…米国・男子フリースタイル


 米国・男子フリースタイルのチーム・トライアル(世界選手権代表選考会)が6月10日、ネブラスカ州リンコーンで行われ、リオデジャネイロ・オリンピック97kg級金メダリストのカイル・スナイダーらが勝ち抜き、8月の世界選手権の代表権を手に入れた。

 試合は全米王者などと予選を勝ち上がってきた選手とが3戦2勝システム(3戦方式で、2勝した選手が勝ち)で闘った。スナイダーは2月のデーブ・シュルツ国際大会(米国)3位のキベン・ガドソンに2試合ともテクニカルフォール勝ち。74kg級で2012年ロンドン・オリンピックのほか世界選手権を4度制しているジョーダン・バローズは、2015年に全米学生選手権4連覇を達成したカイル・デイクに初戦を落としたが、第2・3戦を勝った。

 61kg級世界王者のローガン・スタイブナーやリオデジャネイロ・オリンピック86kg級3位のジェーデン・コックスも順当勝ち。

 各階級の世界選手権代表は下記の通り。


 ◎男子フリースタイル

▼57kg級 Thomas Gilman =2014年世界ジュニア選手権55kg級3位
▼61kg級 Logan Stieber =2016年世界選手権優勝
▼65kg級 Zain Retherford =2015年デーブ・シュルツ国際大会4位
▼70kg級 James Green =2016年世界選手権7位
▼74kg級 Jordan Burroughs =2012年ロンドン・オリンピック優勝
▼86kg級 J’den Cox =2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位
▼97kg級 Kyle Snyder =2016年リオデジャネイロ・オリンピック優勝
▼125kg級 Nick Gwiazdowski =2016年ジオルコウスキ国際大会3位


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に