日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.14

6・15~18アジア・ジュニア選手権(台湾)出場の女子チームが出発


 6月15日から台湾・台中で始まるアジア・ジュニア選手権に出場する女子チームが6月13日、成田空港発の日本航空で出発した。

 昨年は「金3・銀1・銅3」を取った日本女子。その後、リオデジャネイロ・オリンピックで日本の強さを見せつけたせいか、9月の世界ジュニア選手権(フランス)では6階級で優勝の好成績。昨年並みの成績では格好がつかないわけで、嘉戸洋監督(環太平洋大教)は「とことん勝負にこだわる。他国に弱みを見せるわけにはいかない。やらなければいけない」と気合いを入れた。

 参加するのは大学の1、2年生。「どの世代の選手も世界のトップを維持しなければならないが、今回参加する選手は間違いなく2020年東京オリンピックの日本代表争いにからむ選手。いい成績を残し、3年後につながるようにしたい」と話した。

 女子の日本選手団は下記の通り。男子フリースタイル・チームは14日に出発する。


 《大会日程》
6月15日(木) 男子グレコローマン 55・60・66・74・84・96kg級
   16日(金) 男子グレコローマン50・120kg級 / 女子44・51・59・67kg級
   17日(土) 女子48・55・63・72kg級/男子フリースタイル50・120kg級
   18日(日) 男子フリースタイル55・60・66・74・84・96kg級


 ◎女子チーム

 【監督】嘉戸洋(環太平洋大教)、【コーチ】若松正(東洋大職)

 【女子】
▼44kg級 佐藤雛子(法大)
▼48kg級 澤田千優(青山学院大)
▼51kg級 堀 千咲(東洋大)
▼55kg級 内城朝葉(至学館大)
▼59kg級 荒井香帆(青山学院大)
▼63kg級 榎本美鈴(環太平洋大)
▼67kg級 木村夕貴(青山学院大)
▼72kg級 早川まい(至学館大)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に