日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.15

6・15~18アジア・ジュニア選手権(台湾)出場の男子フリースタイル・チームが出発


 6月15日から台湾・台中で行われるアジア・ジュニア選手権に出場する男子フリースタイル・チームが6月14日、成田空港発の日本航空で出発した。

 指揮するのは、今年度からジュニアの担当コーチとなった三重・いなべ総合学園高の藤波俊一監督。「これまでとまた重みが違います。今まで以上に気を引き締めて指導にあたりたいです」と話すとともに、「昨年のメダル数(銀2・銅4=1選手は繰り上げ)を上回りたい。2020年東京オリンピックに間に合う世代なので、ここで上位に入ってステップとして、学んでほしい」と話した。

 一部の高校選手は3~4日の関東高校大会に続く大会出場となる。しかし、「若さで乗り切ってもらいたい」と注文し、期待の選手として96kg級同大会優勝の吉田ケイワン(埼玉・花咲徳栄高)を挙げた。「日本人の母とイラン人の父のハーフの選手ですから、イランとの試合はぜひ勝ってもらいたいですね」と言う。吉田以外にも若手の重量級選手がアジアでどれくらいやれるのかを見てきたいという。

 4月のJOC杯では高校選手の活躍が目覚ましかったジュニアの男子フリースタイル。「その時の力が本物だったかどうか真価が問われる大会です」と期待した。

 男子フリースタイル選手団は下記の通り。


 ◎男子フリースタイル選手団

 【監督】藤波俊一(三重・いなべ総合学園高教)、【コーチ】松永共広(神奈川大職)

 【選手】
▼50kg級 谷口龍我(千葉・日体大柏高)
▼55kg級 荒木大貴(専大)
▼60kg級=派遣なし    
▼66kg級 安楽龍馬(山梨・韮崎工高)
▼74kg級 吉田隆起(拓大)
▼84kg級 石黒隼人(埼玉・花咲徳栄高)
▼96kg級 吉田ケイワン(埼玉・花咲徳栄高)
▼120kg級 藤本 歩(山梨学院大)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp