日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.17

堀千咲(東洋大)が2位、佐藤雛子(法大)が3位…アジア・ジュニア選手権・第2日


 アジア・ジュニア選手権第2日は6月16日、台湾・台中で男子グレコローマン2階級・女子4階級が行われ、51kg級の堀千咲(東洋大)が2位、同44kg級の佐藤雛子(法大)が3位に入賞した。

 堀は昨年3位のノディラ・サビロワ(ウズベキスタン)を破るなどして決勝へ進んだものの、ゲフロト・プーヤ(インド)に5-6で敗れ優勝はならなかった。堀は昨年の3位から順位を上げた。 昨年優勝の佐藤は、準決勝で中国選手に黒星。しかし3位決定戦でモンゴル選手を破り、メダルは確保した。

 同67kg級の木村夕貴(青山学院大)は初戦で敗れ、59kg級の荒井香帆(青山学院大)は体調不良のため棄権した。

 男子グレコローマン50kg級の山口秀斗(神奈川大)と120kg級の番地啓太(国士舘大)は、ともに上位進出ならなかった。男子グレコローマンはこの日で終了。前日の5位3選手が最高の成績で、国別対抗得点は8位に終わった。

 各選手の成績は下記の通り。


 ◎男子グレコローマン

 【50kg級】山口秀斗(神奈川大)   5位=9選手出場
3決戦 ●[5-7]Manish MANISH(インド)
2回戦 ●[1-2]Alpamys DASTANBEK(カザフスタン)
1回戦  BYE

-------------------------

 【120kg級】番地啓太(国士舘大)   9位=10選手出場
1回戦 ●[Tフォール、0:30=0-8]Roman KIM(キルギス)

-------------------------

 《国別対抗得点》

[1]イラン 71点、[2]カザフスタン 58点、[3]インド 55点、[4]ウズベキスタン 54点、[5]中国 49点、[6]キルギス 48点、…[8]日本34 点 


 ◎女子

 【44kg級】佐藤雛子(法大)   3位=9選手出場
3決戦  ○[フォール、3:44=7-2]Purevsuren GANBAATAR(モンゴル)
準決勝 ●[0-4]Yumei CHEN(中国)
2回戦  ○[Tフォール、5:07=10-0]Nessibeli YESTAYEVA(カザフスタン)
1回戦   BYE

-------------------------

 【51kg級】堀千咲(東洋大)   2位=10選手出場
決  勝 ●[5-6]Pooja GEHLOT(インド)
準決勝 ○[Tフォール、2:54=10-0]Nodira SABIROVA(ウズベキスタン)
2回戦  ○[Tフォール、1:28=12-2]Luknam BUNSON(タイ)
1回戦   BYE

-------------------------

 【59kg級】荒井香帆(青山学院大)

※体調不良のため不出場

-------------------------

 【67kg級】木村夕貴(青山学院大)   7位=10選手出場
2回戦 ●[0-2]Valeriya GONCHAROVA(カザフスタン)
1回戦  BYE

※敗者復活戦に回れず


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に