日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.18

【2017年全日本選抜選手権/第2日・特集】健闘選手の声(男子グレコローマン)


(文=増渕由気子、布施鋼治、岡野希春 / 撮影=矢吹建夫)


 ■男子グレコローマン66kg級2位・井上智裕(富士工業=リオデジャネイロ・オリンピックに続く世界選手権出場ならず)「リオの時とルールが変わり、スタンドでポイントを取ることの少ない僕の場合は不利。スタンドの技を磨いて練習では決まるようになってきましたが本番では決めるレベルには至りませんでした。そこを改善しないと、泉選手以外にも負けると思う。富士工業に入って初めての大会だったので優勝したかった。たくさんの方に応援にきてくださったのに申し訳ない。これで終わりではないので、また次に向けて頑張っていきたい」


 ■男子グレコーロマン71kg級・梅野貴裕(愛媛県レスリング協会=昨年の覇者も初戦敗退)「(右ひざをけがし)この大会に向けて調整していましたが、足をかばうため腰が浮いてしまい、悔しい結果でした。出身の愛媛で国体があるので、県予選から頑張ります」


 ■男子グレコローマン75㎏級2位・阪部創(自衛隊=昨年の覇者も、決勝で屋比久翔平に敗れ)「テークダウンを狙えたらよかったけど、体力面で劣っていた。それに相手に有利な体勢で試合を進めてしまった。勝てないといけない相手だと思います」


 ■男子グレコローマン130kg級2位・津田大健(宇和島市役所=決勝で園田新に善戦するも殊勲ならず)「園田選手との差はまだあるが、今までで一番前に出られた。今までは自滅点が多かったので、今回は堅実に守るというか、ディフェンスから崩れないようにした。自分の技をきめられなかったのが悔しいです。世界選手権に出て、スキルアップして(今年10月の)愛媛国体を迎えたかった。現在は母校の八幡浜工で練習を積んでいます。同じ体格の練習相手はいないけど、小さい相手との練習で足腰が鍛えられる。自分なりの練習ができています」


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp