日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.18

【2017年全日本選抜選手権/第2日・特集】健闘選手の声(女子)


(文=増渕由気子、布施鋼治、岡野希春 / 撮影=矢吹建夫)


 ■女子53kg級2位・宮原優(博報堂DYスポーツ=社会人初の大会で決勝進出も2位)「社会人になって初めての大会。環境を変えて勝つためにしっかりやってきた。準決勝ではしっかりやれたけど、決勝で粗いレスリングになってしまった。現在は専修大を拠点に練習し、博報堂DYの監督には、(ソウル・オリンピック金メダリストの)佐藤満監督に就いてもらっている。専大の学生と練習したり、早大に出げいこに行かせてもらっている。最高の環境でレスリングをやらせてもらっています。向田選手は(高校やJOCアカデミーの)後輩ですが、マットの上では上下関係も関係ない。今は自分が追う立場。東京で勝つために全力でやっていきます」


 ■女子55kg級・南條早映(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高=初戦でジュニアクイーンズカップで敗れた奥野春菜に敗れる)「アカデミー所属で世界選手権のキップに挑戦するのは、最初で最後となります。お世話になった監督やコーチに恩返しをする一心で臨んだのですが、結果を出せなく情けないです。相手は手さばきが多く、ステップが軽くて、なかなか取りにいけない相手でした。(けがをし)筋トレなどできることを必死で取り組んでいましたが、モチベーションは高くありませんでした。またチャンスが回ってくるよう、悔しさをばねに練習します」


 ■女子63㎏級2位・伊藤友莉香(自衛隊=負傷からの復帰2大会目も優勝ならず)「何もできなかった。完敗だった。両ひざをけがして2年くらい試合をしていなかったけど、去年の全日本選手権で復帰し、けがはもう大丈夫。学生の頃は何度も伊藤彩香選手とやっているけど、シニアになってからはこの前の全日本選手権が初めてでした。私が休んでいる間に成長していた。今回はディフェンスを中心にやってきたけど、それでも取られてしまいました。まだまだ対策が足りないと思いました」


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に