掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)がMVP…明治杯全日本選抜選手権・最終日

 明治杯全日本選抜選手権最終日は6月18日、東京・代々木競技場第2体育館で男女7階級が行われ、女子60kg級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が全日本選手権の58kg級に続いて優勝。最優秀選手に贈られる明治杯を初受賞した。

 同69kg級は同じリオデジャネイロ・オリンピック金メダリストの土性沙羅(東新住建)が実力を見せて優勝し、女子の最優秀選手へ。同48kg級は須崎優衣(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)が勝った。

 男子グレコローマン59kg級は全日本選手権決勝に続いて文田健一郎(日体大)と太田忍(ALSOK)の対戦となり、全日本選手権に続いて文田が優勝。世界選手権出場を決めた。同85kg級は塩川貫太(日体大)が優勝したものの、プレーオフでは全日本王者の松本篤史(ALSOK)が勝って、このスタイルでは初の世界選手権出場を決めた。

 男子フリースタイル2階級もプレーオフへもつれ、新鋭が世界選手権出場を決めた。61kg級は昨年57kg級の覇者の中村倫也(博報堂DYスポーツ)が、全日本王者の樋口黎(日体大)を決勝で破り、プレーオフでも勝利。同70kg級は学生二冠王者の藤波勇飛(山梨学院大)が準決勝で全日本王者の中村百太郎(日体大助手)を破り、決勝で世界選手権5位の多胡島伸佳(KATSURA group)を撃破。中村とのプレーオフも制した。

 男子は規定に従い、全日本選手権との2大会に勝った選手、およびプレーオフの勝者が世界選手権の代表に選ばれる予定。女子は強化委員会の選考となるが、55kg級以外は全日本チャンピオンが勝っているので、そのまま代表となることが濃厚。55kg級は全日本合宿での練習を経て選考される。

 各階級の成績は下記の通り。


《一覧表・トーナメント表》

男子フリースタイル 一覧表 57kg 61kg 65kg 70kg 74kg 86kg 97kg 125kg
男子グレコローマン 一覧表 59kg 66kg 71kg 75kg 80kg 85kg 98kg 130kg
 女   子  一覧表 48kg 53kg 55kg 58kg 60kg 63kg 69kg 75kg

 《個人賞》

【明治杯(最優秀選手賞)】川井梨紗子(女子60kg級=ジャパンビバレッジ)

【優秀選手賞】▼男子フリースタイル 高橋侑希(57kg級=ALSOK)、▼男子グレコローマン 文田健一郎(59kg級=日体大)、▼女子 土性沙羅(69kg級=東新住建)


 ◎男子フリースタイル

 【61kg級】

 ▼世界選手権代表決定プレーオフ
中村倫也(博報堂DYスポーツ)○[9-5]●樋口黎(日体大)

 ▼決勝
中村倫也(博報堂DYスポーツ)○[14-5]●樋口黎(日体大)

※中村は初優勝(57kg級と合わせ2年連続2度目の優勝)

 ▼準決勝
樋口黎(日体大)○[9-4]●成國大志(青山学院大)
中村倫也(博報堂DYスポーツ)○[Tフォール、3:28=10-0]●嶋江翔也(日体大)

 ▼2回戦
樋口黎(日体大)○[Tフォール、1:56=11-0]●吉澤拳斗(専大)
成國大志(青山学院大)○[フォール、5:44=15-6]●有元伸悟(近大職)
中村倫也(博報堂DYスポーツ)○[Tフォール、0:48=10-0]●榊大夢(山梨学院大)
嶋江翔也(日体大)○[Tフォール、4:38=11-0]●船木拓也(自衛隊)

 ▼1回戦
吉澤拳斗(専大)○[Tフォール、2:53=14-4]●葛西飛駿(国士舘大)
成國大志(青山学院大)○[フォール、4:39=12-6]●但野航(ニトリ)
榊大夢(山梨学院大)○[Tフォール、5:24=10-0]●松宮大樹(山梨学院大)
船木拓也(自衛隊)○[6-4]●菊地憲(秋田県協会)

-----------------------------

 【70kg級】

 ▼世界選手権代表決定プレーオフ
藤波勇飛(山梨学院大)[Tフォール、4:32=10-0]中村百次郎(日体大助手)

 ▼決勝
藤波勇飛(山梨学院大)○[10-2]●多胡島伸佳(KATSURA group)

※藤波は初優勝

 ▼準決勝
藤波勇飛(山梨学院大)○[Tフォール、1:14=10-0]●中村百次郎(日体大助手)
多胡島伸佳(KATSURA group)○[Tフォール、4:52=11-1]●伊藤駿(早大)

 ▼2回戦
中村百次郎(日体大助手)○[8-3]●梅林太朗(早大)
藤波勇飛(山梨学院大)○[Tフォール、3:16=10-0]●三輪優翔(日体大)
多胡島伸佳(KATSURA group)○[フォール、0:48=8-0]●高橋翔平(自衛隊)
伊藤駿(早大)○[Tフォール、5:10=16-6]●伊藤真也(国士舘大)

 ▼1回戦
梅林太朗(早大)○[10-4]●坂本侑之(拓大)
三輪優翔(日体大)○[3-1]●玉岡拓海(福岡大)
高橋翔平(自衛隊)○[10-8]●島袋慶生(日体大)
伊藤真也(国士舘大)○[フォール、2:57=6-6]●井筒諒(日体大)

-----------------------------

 ◎男子グレコローマン

 【59kg級】

 ▼決勝
文田健一郎(日体大)○[6-2]●太田忍(ALSOK)

※文田は2年連続2度目の優勝

 ▼準決勝
文田健一郎(日体大)○[4-2]●清水早伸(自衛隊)
太田忍(ALSOK)○[2-2]●河名真寿斗(クリナップ)

 ▼2回戦
文田健一郎(日体大)○[フォール、1:25=4-0]●神田優人(中京学院大)
清水早伸(自衛隊)○[2-1]●桑山裕貴(専大)
河名真寿斗(クリナップ)○[Tフォール、4:16=10-1]●高橋三四郎(山梨学院大)
太田忍(ALSOK)○[Tフォール、2:03=12-4]●丸山智也(山梨学院大)

 ▼1回戦
神田優人(中京学院大)○[6-0]●大谷康太(マルワジム横浜)
桑山裕貴(専大)○[2-1]●河本圭智(自衛隊)
清水早伸(自衛隊)○[Tフォール、1:41=8-0]●新垣忠勝(自衛隊)
髙橋三四郎(山梨学院大)○[2-2]●鈴木絢大(日体大)
丸山智也(山梨学院大)○[Tフォール、0:42=8-0]●難波陽(青山学院大)

-----------------------------

 【85kg級】

 ▼世界選手権代表決定プレーオフ
松本篤史(警視庁警察学校)○[4-1]●塩川貫太(日体大)

 ▼決勝
塩川貫太(日体大)○[4-1]●角雅人(自衛隊)

※塩川は初優勝

 ▼準決勝
角雅人(自衛隊)○[2-1]●松本篤史(警視庁警察学校)
塩川貫太(日体大)○[6-0]●岡太一(自衛隊)

 ▼1回戦
松本篤史(警視庁警察学校)○[Tフォール、1:29=8-0]●平才巧晃(中京学院大)
角雅人(自衛隊)○[2-0]●谷口慧志(拓大)
岡太一(自衛隊)○[3-0]●西山慎吾(日体大)
塩川貫太(日体大)○[Tフォール、1:03=8-0]●永井基生(明大)

-----------------------------

 ◎女子

 【48kg級】

 ▼決勝
須崎優衣(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)○[3-0]●五十嵐未帆(至学館大)

※須崎は2年連続2度目の優勝

 ▼準決勝
須崎優衣(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)○[2-0]●入江ゆき(自衛隊)
五十嵐未帆(至学館大)○[9-4]●中村未優(専大)

 ▼2回戦
須崎優衣(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)○[Tフォール、1:49=10-0]●志土地希果(ジェイテクト)
入江ゆき(自衛隊)○[3-0]●奥野里菜(至学館大)
五十嵐未帆(至学館大)○[Tフォール、5:20=11-0]●伊藤史織(ジャパンビバレッジ)
中村未優(専大)○[12-8]●加賀田葵夏(青山学院大)

 ▼1回戦
志土地希果(ジェイテクト)○[Tフォール、5:51=11-0]●吉村涼菜(埼玉・埼玉栄高)

-----------------------------

 【60kg級】

 ▼決勝
川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)○[Tフォール、5:02=14-4]●坂野結衣(警視庁警察学校)

※川井は初優勝(他階級と合わせ2年ぶり3度目の優勝)

 ▼準決勝
川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)○[Tフォール、1:31=10-0]●小玉彩天奈(高知・高知東高)
坂野結衣(警視庁警察学校)○[Tフォール、2:52=10-0]●河内美樹(日体大)

 ▼1回戦
小玉彩天奈(高知・高知東高)○[4-0]●米田野乃佳(至学館大)
坂野結衣(警視庁警察学校)○[6-0]●矢後愛佳(日大)
河内美樹(日体大)○[8-4]●香山芳美(早大)

-----------------------------

 【69kg級】

 ▼決勝
土性沙羅(東新住建)○[Tフォール、4:35=12-1]●森川美和(東京・安部学院高)

※土性は2年ぶり3度目の優勝(67kg級と合わせ2年ぶり5度目の優勝

 ▼準決勝
土性沙羅(東新住建)○[4-2]●飯島千晶(警視庁)
森川美和(東京・安部学院高)○[3-2]●鏡優翔(JOCエリートアカデミー/東京・帝京高)

 ▼1回戦
飯島千晶(警視庁)○[10-1]●福島宇美(東京・安部学院高)
鏡優翔(JOCエリートアカデミー/東京・帝京高)○[4-0]●鈴木芽衣(東洋大)



 

Share on Facebook