日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.19

【2017年全日本選抜選手権/最終日・特集】健闘選手の声(男子グレコローマン)


(文=増渕由気子、布施鋼治、渋谷淳、岡野希春)


 ■男子グレコローマン59㎏級・太田忍(ALSOK=決勝で文田健一郎に敗れ、世界選手権出場を逃す)「仕上げてきたつもりだったけど、初戦から自信がなかったというか、自分から攻めることができず、消極的な技で取りにいってやられました。点数を取りたいという気持ちが強すぎて、作戦通りにできなかった感じです。世界選手権で文田がメダルを獲ったら59kg級はもっと面白くなると思います。それでいいんじゃないですかね。今の状態では僕も文田もオリンピックの金メダルのレベルじゃない。もっと高めあって、刺激し合って、どっちが出ても金メダルが獲れるようにしていきたいと思います」


 ■男子グレコローマン59kg級・河名真寿斗(クリナップ=オリンピック銀メダリストの太田と準決勝で大接戦を演じる)「(開始早々流れを作ったと思うが)場外ポイントの1点ではなく、2点を取りに行くことができたらよかったです。もう1点はパッシブポイントで、テクニカルポイントがなかったために(最終的に2-2で)負けていました。勝つための対策をして臨みましたが、技を出すことができなかったので、確実に点を取ることが今後の課題です。太田選手と文田選手に勝てば世界でも闘えるので、勝ち方を考え、これから全日本選手権に向けて、応援に応えられるように頑張ります」


 ■男子グレコローマン85㎏級・塩川貴太(日体大=本戦で優勝するも、プレーオフで敗れる)「計量の前日に教育実習が終わった。練習がよくできていなかったので、体力負けした部分がありました。プレーオフに勝って世界選手権に出たかった。とりあえず本戦で優勝してプレーオフにつなげられたことは、ひとつ前進したかなと思っています。最低限のラインはクリアしたと思うけど、世界選手権に出てベスト4以上に入るのが目標だったので、到達はしていないです。松本(篤史)さんとはいつも練習していて、お互いに手の内知っているのでやりづらい。それでも、勝たないといけないので、次は勝ちたい」


 ■男子グレコローマン85㎏級・角雅人(自衛隊)「(準決勝で全日本王者・松本篤史に勝利しながら決勝で敗れる)負けたら辞めるつもりでした。それまでに2回も負けているので。塩川選手との決勝も調子がいいと思ったので頑張ったんですけど…。完敗でした。投げられたことが全て。相手の方がうまかった」


 ■男子グレコローマン85kg級・岡太一(自衛隊=リオデジャネイロ五輪出場を逃して一戦を退くも今大会から復帰。準決勝で塩川貫太に黒星)「今日は1回戦から身体が張ってしまった。焦ってしまって、もっと落ち着いてやれば相手を崩すことができたと思います。年明けから練習を始めて体力的には問題ないと思いましたが、実戦は違っていたということです。全日本選手権までに、他の大会にも出て試合をこなしたい」


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp