日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.20

【全日本選抜選手権・特集】周囲の勧めで現役続行、世界選手権のメダルを目指す…女子75kg級・鈴木博恵(クリナップ)


(文=渋谷淳、撮影=矢吹建夫)

 全日本選抜選手権の女子75kg級は第一人者の鈴木博恵(クリナップ)が6連覇を達成。4度目となる世界選手権出場をほぼ確実にした。

 盤石の試合内容だった。5月のアジア選手権(インド)で2位に入った古市雅子(日大)との決勝は「接戦になると思っていた」というが、技を次々と決めて最後はフォール勝ち。珍しくガッツポーズを披露し「自分から入って取って、グラウンドでも返せたので、思わず出てしまった」と笑顔を見せた。

 昨年のリオデジャネイロ・オリンピックの代表最有力候補と見られながら、前年夏の左ひざのけがで戦線離脱。最終的に代表の座を渡利璃穏(アイシン・エィ・ダブリュ)に譲った。「オリンピックに出て、やめようと思っていた」という鈴木は、レスリング人生の集大成と位置付けた晴舞台に立てず、失意のどん底に沈んだ。

 代わって最後のステージと決めた昨年12月の全日本選手権で優勝し、これで本当に辞めるつもりだった。ところが、鈴木の頑張りを見守ってきた会社の人間や両親から返ってきた言葉は「お疲れさま」ではなかった。

 「周囲から『天皇杯(全日本選手権)も優勝したし、いま辞める必要はないんじゃないか。まだまだ身体も動くし、限界じゃない。しっかりやり切った時点で辞めたほうがいい』と言われました」

 自分でも考え直し、再びトレーニングに励んだ。最初からエンジン全開というわけではなかったが、3月ごろには気持ちの準備を整えた。「天皇杯に勝ったし、世界選手権を目標にしよう」。そう心に決め、その思い通りに世界選手権へのキップを手にした。

 大きなけがを経験し、一度は本気でやめようと考え、悩み、苦しんだことで、今までとは違った気持ちでレスリングと向き合うようになっている。

 「前まではどうしても勝たないといけないという気持ちが強く、精神的に試合前はきつかった。いまは開き直っているというか、一度は辞めようとして、それをいまやっているんだから、頑張ればいいという感じです」

 世界選手権に向けて「またパワーのある外国人選手と戦えると思うとワクワクします」と語った。世界選手権はこれまでに3度出場して最高は7位。再び海外の舞台で勝負できる幸せをかみしめ、自身初のメダル獲得を目指す。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp