日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.27

【全日本選抜選手権・特集】銀メダリストを破って初の世界選手権へ…男子グレコローマン59kg級・文田健一郎(日体大)


(文=増渕由気子、撮影=矢吹建夫)

 オリンピック銀メダリストを倒して世界選手権へ! 全日本選抜選手権の男子グレコローマン59kg級は、全日本選手権王者にして5月のアジア選手権(インド)優勝の文田健一郎(日体大)が、決勝でリオデジャネイロ・オリンピック銀メダリストの太田忍(ALSOK)を6-2で撃破。昨年に続いて2度目の優勝を決め、8月の世界選手権(フランス・パリ)代表入りを果たした。

 昨年12月の全日本選手権で太田に勝って優勝した文田だったが、2月のグランマ&セーロ・ペラド国際大会(キューバ)の決勝で太田と再戦し、敗れて2位だった。「(太田先輩に)負けて悔しかった。アジア選手権で優勝したけど、この大会に向けて(勝つために)全力で調整した」とリベンジに燃えていた。

 “打倒太田”の気持ちを強く持ちすぎたためか、準決勝の清水早伸(自衛隊)戦では、ラスト30秒に逆転するというヒヤヒヤした試合となってしまった。一度寝て、気持ちをリセットして決勝への準備を進めていた時、“事件”が起こった。文田と同級生で、リオデジャネイロの男子フリースタイル57kg級で銀メダルを取った樋口黎(日体大)が決勝で敗れた。

 「びっくりした。けれども、初日に同級生の奈良勇太(男子グレコローマン98kg級)が世界選手権出場を決めたことが大きかった。置いていかれるわけにはいかないと思った」と、樋口が負けたショックを引きずらずに太田とのリベンジマッチに臨んだ。

 豪快なそり投げは、今や文田の十八番として、だれもが知っている。そのため、「海外でも研究されていて、誰も胸を合わせてくれない。僕のレスリングは対策されやすい形」。太田も前傾姿勢で組み合ってきて、そり投げを警戒しているように見えた。

 「胸を合わせる形は、大学に入って勝てなくなり、限界だと思っていました。でも、自信のある技でしか勝てないことに気がついたので、相手を崩して胸を合わせにきたところを攻めるようにしました」。

 準決勝、決勝と苦しい時に出たテクニカルポイントは、崩しを有効に使って自分の技を出しやすい形に持っていった時に奪ったもの。「自分の技がかかる形に持って行けた」ことが勝因となった。

 初めての世界選手権出場を決めたが、これまでターゲット選手として“世界選手権”には何度も訪れている。「先輩たちを見ていて、自分ならこうやろうとイメージトレーニングだけは人一倍やっています」と自信をのぞかせた。目標は「忍先輩がオリンピックで2番だったので、自分も決勝には行きたいです」。

 優勝インタビューでは、その様子を見守っていた父であり恩師である韮崎工高(山梨)の文田敏郎監督を司会者が呼び寄せる粋なはからい。急にマイクを向けられた敏郎さんは、「よくやった」と息子を褒めると、息子から優勝した金メダルをかけてもらうプレゼント。くしくも試合の日が父の日だったこともあり「最高の父の日になった」と大喜びだった。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp