日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.06.29

至学館大で初の3スタイル合同合宿、世界選手権へ向けて“チーム・ジャパン”が始動


 6月27日から愛知・至学館大で始まった同所では初の3スタイル合同合宿。28日には練習を報道陣に公開。20媒体50人を超える報道陣が訪れ、世界選手権へ向けての闘いを見守った。

 3スタイルの合同合宿はこれまで東京・味の素トレーニングセンターで何度か実施したことがある。栄和人・強化本部長は今回、至学館大で実施することになった経緯を、昨年のリオデジャネイロ・オリンピックにおける至学館大選手の終盤の逆転勝ちできる強さに対し、「男子のコーチから、どんな環境で練習して、あの粘りが身についているのかを知りたい、との声が挙がった」と説明。「コーチが見るだけでなく、選手が接して知ってほしい」として実現したという。

 男子コーチには現状を見せるだけではなく、創部のあとしばらくは剣道部や空手部と場所を分け合って練習し、多くの苦労を乗り越えての歴史があることを説明。一朝一夕にできた強さではないことも伝え、強さの根源を知ることで「競技力向上に役立ててほしい」と話した。

 練習では、慣れていないからだろうが、至学館大選手のトレーニングメニューでかなりまいっている男子選手もいたそうだ。環境を変えて練習することのメリットは大きいようだ。

 未定だった女子55kg級の代表も決まり、“チーム・ジャパン”としての世界選手権(8月21~26日、フランス・パリ)へ向けてのスタートとなる合宿でもある。「女子は5つのメダルが目標。まだそのレベルに達していない選手もいるので、この2ヶ月間で徹底的に鍛えたい。男子は、どの程度までできるかを見極めたい。各スタイル1つでもメダルを取れれば、『うれしい』とは言わないが、よくできたと思う。東京オリンピックへ向けてのベースをつくりたい」と言う。

 世界選手権へ向けては、「日々の練習の中に技術、体力、気力のすべてを入れて強化をはかる。技術だけ、体力だけ、と特化しない。すべてを鍛えて強い選手をつくる」と話したが、男子は「体力・スタミナが劣っている。追い込まれた練習をやらないとつかない。とことん追い込みたい」と話した。

 今回、女子55kg級で代表に決まったのは、三重・一志ジュニア教室出身の奥野春菜(至学館大)。これで男女24人中、6人が三重県出身の選手となった(他に高橋侑希、藤波勇飛、向田真優、伊藤彩香、土性沙羅)。吉田沙保里選手の影響もあると思われるが、「6人とも今回メダルを狙え、東京オリンピックで優勝を目指せる選手。県の長年の強化が実ったからだと思う。すばらしい業績だ」と評価した。

 この合宿から、負傷・手術で戦列を離れていたリオデジャネイロ・オリンピック女子48kg級金メダリストの登坂絵莉(東新住建)が復帰。世界選手権代表の須崎優衣(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)と打ち込みやスパーリングもやり、本格復帰へ向けて動き出した。


※スマホの機種によっては右側が切れます

栄和人強化本部長ほかコーチ陣

吉田沙保里コーチの技術指導。男子選手も真剣に見入った

マットに復帰し、須崎優衣とスパーリングする登坂絵莉(右)

オリンピック前を思わせるほど多くの報道陣が詰めかけた


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp