掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

【全日本社会人選手権・特集】帰ってきた山口剛(ブシロード)、「2020年東京オリンピックを目指します !!」-

(文・撮影=増渕由気子)

 日本重量級の“あの男”がカムバック! 全日本社会人選手権の男子フリースタイル97kg級は、リオデジャネイロ・オリンピック予選代表の山口剛(ブシロード)が約1年3ヶ月ぶりに復帰。見事に優勝し、2020年東京オリンピックに向けて再スタートを切った。山口は「久々の試合。気持ちと体がうまくつながってない部分があったが、今やれることは出し切りました」と振り返った。

 重量級の第一人者として2013年世界選手権では8位入賞の好成績、27歳だった昨シーズン、競技の集大成としてリオデジャネイロ・オリンピックを目指していた。だが、3月のアジア予選(カザフスタン)は3位とあと1歩届かず、続く世界予選第1戦(モンゴル)は9位。

 最終予選(トルコ)は、直前に右足のハムストリングを部分断裂。現地に赴いて調整したが、最終的にベストを尽くせないとして出場を辞退。代わりに出場した山本康稀も勝ち抜けず、出場枠は獲得できなかった。

 「これが(リオデジャネイロまでの道のりが)最後の試合だなと。引退? もちろん、そのつもりでした」。

復帰を後押ししたプロレスラーの永田裕志監督(後方)

 その後、所属するブシロードの関連会社のキックスロードで営業マンとして第二の人生を歩み始めた。「レスリングしかしてこなかったのに、すごく重要な仕事を任せていただいた。恩返しとばかりに全力で取り組みました」。8月のオリンピックの時は、「ここを目指していたのか」と複雑な気持ちはあったものの、競技への執着心はすでに消えていた。

■今年4月から再びプロ選手として練習を開始

 レスリングから離れ、仕事に没頭しているうちに負傷した傷が癒えた秋ごろのことだった。「大学や高校の恩師と(ブシロードの)永田裕志監督から『もう1回、東京に向けて頑張ってみないか』と話がありました。その時はプロ選手としてやる、という考えがなく、仕事を続けながら、やれる範囲で、という考えでした」と、現役復帰を即答しなかった。

 「キックスロードの仕事は自分から『何でもやらせてください』と言って、いただいた仕事でした。自分から辞めることはできなかったし、新規事業の仕事にやりがいも感じていました」と、社会人としてやっていくことを心に決めていたからだ。

アグレッシブに攻める山口剛(左)

 復帰のきっかけは、今年の初めにブシロードの木谷高明社長など関係者から再度、選手としての復帰を提案されたことだった。「社長から直々に『環境を整えることができるから、もう1度やってみてはどうか』と話がありました。キックスロードの花澤勇佑社長からも『東京を目指すなら喜んで応援する』というお言葉もいただき、決心がつきました。やっぱり、レスリングが好きだし、やりたかった」。

 4月から再びプロ選手として練習を開始。約1年間、本格的な練習から遠ざかったため、体は一回りほど小さくなったが、オリンピックの新しい階級区分が決まり次第、その体重に合わせた体作りをしていくつもりだ。

 この1年のブランクは山口にとって回り道となってしまったのか―。答えは「ノー」だ。ブシロードに加えてキックスロードの社員からも応援される機会が増えた。「結果を出して両方の団体に報告ができるようになりたいです」。
 

 2020年東京大会は山口にとって3度目のオリンピック挑戦となる。「山口剛、3度目の正直でオリンピックを目指し、今度こそ出場します。絶対に―」。

 

 



 

Share on Facebook