日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.07.21

【特集】2017年世界選手権へかける(4)…男子フリースタイル57kg級・高橋侑希(ALSOK)


《JWFデータベース》《UWWデータベース》《国際大会成績》《勝者の素顔=JWFフェイスブック》


(文=布施鋼治)

 「東京オリンピックまでには階級区分が変わる(可能性が強い)。今回は最後の57㎏級になるかもしれないけど、優勝して新しい階級につなげたい」と男子フリースタイル57kg級で世界選手権に出場する高橋侑希(ALSOK)。自分の階級がなくなる可能性があることに悲しみがないと言ったら、うそになる。しかし、絶好のチャンスが到来したと感じている。

 それはそうだろう。今年の大会には、昨年のリオデジャネイロ・オリンピックで金メダルを獲得したウラジーミル・キンチェガシビリ(ジョージア)が階級を上げ、銀メダルを獲得した樋口黎(日体大)と銅メダルのハジ・アリエフ(アゼルバイジャン)も階級アップ。もう一人の銅メダリストのハッサン・ラヒミ(イラン)も負傷で欠場する可能性が濃厚。メダリストがだれもいない状況が予想されるからだ。

 そうした情報を、高橋はインターネットを駆使して自分でリサーチしたという。「イランのサイトを見たら、ラヒミはけがのためたぶん不出場、と。代わりに(今年5月に初めて出場した)アジア選手権で自分と闘った選手(レザ・アーマダリ・アトリナグハルチ)が出てくるようです」

 優勝することができた同選手権のクライマックスは、5-2で勝利を収めたアトラナガルチとの2回戦だったと振り返る。世界選手権でも優勝候補の一角を占めそうなこの選手とは、昨年11月のゴールデン・グランプリ決勝大会(アゼルバイジャン)でもテクニカルフォールで勝利を収めているので、大きなアドバンテージととらえている。「正直、世界チャンピオンになれるチャンスかな、と思いますね」-。

■他の大会とは雰囲気が違う世界選手権だが、気負わずに臨む!

 高橋は2014・15年に世界選手権に出場しているが、いずれもメダルには手が届かなかった。だからといって今回、必要以上に“三度目の正直”と気負うことはない。緊張するタイプであるからだ。「変に気負いすぎるとガチガチになってしまう。いつも通り自分から攻めて得点につなげたい」

 世界選手権の雰囲気は、他の国際大会と比べると違っていたことは今でも覚えている。「みんな鬼気迫っているというか…。どの選手からもハングリー精神をひしひしと感じます。ただ、その雰囲気に合わせてしまうと、剛VS剛みたいな感じになってしまう。『世界選手権だから』というのではなく、普通にひとつの国際大会に出るような感じで挑みたい」

 イラン以外にも、ロシア、モンゴル、アゼルバイジャンと警戒すべき選手はたくさんいる。とはいえ、高橋は詳細な対策を立てるつもりはない。「試合映像を見て、タックルが早い、投げがすごい、カウンターがうまいなど大まかな特徴をインプットするようにしている」くらいにとどめ、頻繁に起こる想定外の展開に備え、必要最低限の情報のみを入手するように務めている。
 
 前に出るプレッシャーは世界でも通用すると自負する。課題は試合が始まると相手の攻撃を見てしまいがちなこと。「そうなると得点に結びつかないので、自分からプレッシャーをかけつつタックルに入りたい」

 アジア選手権で実践することができたリラックスした動きで、高橋は世界でも金メダルを目指す。

高橋 侑希(たかはし・ゆうき=ALSOK) 3大会連続3度目の出場
 1993年11月29日生まれ、23歳。三重県出身。三重・いなべ総合学園高~山梨学院大卒。159cm。2009~11年に3年連続でインターハイ優勝。2012年には1年生で全日本大学選手権優勝。2014年に全日本選抜選手権で勝ち、世界選手権へ初出場して5位入賞。
 2015年世界選手権は9位。同年の全日本選手権で5位に終わり、リオデジャネイロ・オリンピックの道は断たれた。2016年はゴールデンGP決勝大会3位のあと、全日本選手権で優勝。2017年アジア選手権で優勝。

2007年全国中学生選手権、2年生にして全国制覇を達成(右端)

2010年ユース・オリンピックで見事に優勝=撮影・鎌賀秀夫

 《関連記事》

■2017年6月21日: 【全日本選抜選手権・特集】宿敵にリベンジし、3度目の正直の世界選手権にかける…男子フリースタイル57kg級・高橋侑希(ALSOK)

■2017年6月17日: 【2017年全日本選抜選手権/第1日・特集】優勝選手の声(3スタイル)

■2017年5月14日: 【アジア選手権・特集】男子フリースタイル57kg級優勝・高橋侑希(ALSOK)の声

■2015年11月18日: 【全日本大学選手権・特集】最後の学生大会を個人・団体のW優勝で飾る…57kg級・高橋侑希(山梨学院大)

■2015年9月13日: 【世界選手権/最終日・出場選手の声】男子フリースタイル57kg級・高橋侑希(山梨学院大)

■2015年8月10日: 【特集】2015年世界選手権へかける(7)…男子フリースタイル57kg級・高橋侑希(山梨学院大)


 

 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp