日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.05

【インターハイ・特集】全中MVPの服部大虎(千葉・日体大柏)が最後の夏に栄冠


(文・撮影=増渕由気子)

 「やっと、という感じです」。高校生最大のイベントであるインターハイで学校対抗戦、個人戦ともに優勝した55kg級の服部大虎(千葉・日体大柏)は、落ち着いた口調で大会を振り返った。

 2回戦で昨年50kg級2位、国体王者の森川海舟(東京・自由ヶ丘学園)を破って勝ち上がり、決勝では藤田颯(埼玉・花咲徳栄)に11-2と大差をつけて勝利した。

 キッズ時代から頭角を現し、中学3年の時には全国中学生選手権で優勝して最優秀選手賞を受賞した。最後のインターハイを迎え、ようやく初優勝を手にした。「やっと」という言葉の意味は2年生で優勝するはずだったという素直な気持ちの表れだ。

 「今年のインターハイは勝つのは当たり前。だから圧倒的に勝とうと思っていた。このような結果でうれしいけど、悔しい部分もあります」。失点もあり、自己採点は100点とはいかなかったようだ。

 軽量級選手の課題となるのが、成長期の階級の見極めだ。服部も50kg級だったが、限界に。しかし55kg級にはチームのエース、山口海輝の存在があり、3月の全国高校選抜大会では60kg級に階級アップ。学校対抗戦では控え選手に回ったが、個人戦では3位入賞を果たした。

 森下史崇コーチによると、「強い選手がたくさんいるので、チーム事情で春ごろは60kg級にしていた」のだが、山口がインターハイを60kg級でエントリーしたため、服部は適正体重の55kg級への道が開けた。

 体重とチーム事情で日の目を見られなかったように見えるが、服部自身は「メンタルに問題がありました」と自己分析する。「練習の動きが試合で全然出せなくて、結果を出すことができなかった」。極度のあがり症で、団体戦だと動きがいいのに、個人戦になると空回りしていたそうだ。

■MVPのプライドは捨てていたが、先輩のプライドだけは捨てなかった

 なかなか優勝できない服部は、大澤監督から「MVPのプライドを捨てろ」とアドバイスを受けていた。それは服部も同感だった。「中学の結果は過去のこと。高校、大学と勝っていくことが大切だと思っていたので、全中MVPのプライドは捨てて取り組んでいたのですが、なかなかうまくいかなかったですね」と苦しかった時期を振り返った。

 転機となったのが、3位に入賞した全国高校選抜大会だった。「同じキッズクラブの後輩、鈴木歩夢(埼玉・埼玉栄)に負けたことが悔しかった」と、この4ヶ月間、先輩としてのプライドを持って練習に取り組んだことが功を奏した。

 強豪チームならではの熾烈な部内争いを乗り越えて、最後の夏には2つの金メダルを獲得した姿は、全中MVPになった時よりも何倍も輝いてるように見えた。「これも大澤監督やコーチのおかげです」と笑みを浮かべたが、服部が誰よりも感謝した人物がもう一人いた。

 「小さいころからレスリングをやってきて、いつも応援してくれたお父さんに感謝したい。決勝も一生懸命叫んでいた声が聞こえた。少しばかり恩返しできました」。中学、高校共にチャンピオンの座に就いた。大学でも“金メダル”に挑戦だ!


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に