日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.07

4選手とも上位入賞ならず…世界ジュニア選手権・最終日(男子グレコローマン)


 世界ジュニア選手権最終日は8月6日、フィンランド・タンペレで男子グレコローマン4階級が行われ、日本選手はいずれも上位入賞ならなかった。

 84kg級の藤井達哉(青山学院大)が初戦を勝ったが、2回戦でブルガリア選手に黒星。55kg級の髙橋三四郎(山梨学院大)と66kg級の宇井大和(早大)は初戦で敗れ、3選手とも敗者復活戦に回れなかった。

 120kg級の庄司樹(専大)は1回戦と敗者復活戦で敗れた。

 日本は前日の銅メダル1個に終わり、国別対抗得点は11点で13位だった。

 各選手の成績は下記の通り。


 ◎男子グレコローマン

 【55kg級】髙橋三四郎(山梨学院大)   16位=22選手出場
2回戦 ●[5-8]Cao, Liguo(中国)
1回戦  BYE  

※敗者復活戦に回れず

-----------------------

 【66kg級】宇井大和(早大)   20位=27選手出場
1回戦 ●[3-10]Firat, Murat(トルコ)

※敗者復活戦に回れず

-----------------------

 【84kg級】藤井達哉(青山学院大)   11位=28選手出場
2回戦 ●[1-3]Stoychev, Vladimir Georgiev(ブルガリア)
1回戦 ○[5-4]Betschart, Ramon(スイス)

※敗者復活戦に回れず

-----------------------

 【120kg級】庄司樹(専大)   22位=22選手出場
敗復戦 ●[Tフォール、1:06=0-8]Berei, Leonard(ルーマニア)
1回戦  ●[Tフォール、0:48=0-8] Pataridze, Zviadi(ジョージア)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp