日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.15

【全日本ビーチ選手権・特集】夢は世界ビーチ選手権出場! “プロ・ビーチ・レスラー”第1号の江藤紀友(辻屋質店)


闘いの舞台を砂の上に変え、奮戦する江藤紀友(辻屋質店)

 2年ぶりに行われた全日本ビーチ選手権では、2014年世界選手権(ウズベキスタン)の男子グレコローマン71kg級代表の江藤紀友(辻屋質店)が、シニア男子の中量級で優勝。前回大会に続いて2連覇を達成した。

 江藤は「日本初のプロ・ビーチ・レスラーを名乗ります。マットからビーチに移った第1号の選手になると思います」と満足そうな表情。今後はビーチ・レスラーとして、世界ビーチ選手権の出場も視野に入れ、生涯現役を目指して活動していくという。

 大会の5日後に34歳になるベテランで、昨年12月の全日本選手権にも出場した現役バリバリの選手。しかし初戦で敗れて表彰台を逃し、普通のレスリングでは限界らしきものを感じたという。「表彰台が遠くなると、やはりね…」。

 そこで目をつけたのが、2年前に優勝したビーチ。「基本は同じです」。2連覇によってその魅力にとりつかれたようで、今後はビーチを主戦場にやっていくことを決意したという。

 ビーチレスリングは、世界レスリング連盟(UWW)が認めるレスリング・スタイルのひとつ。日本からの参加はないが世界選手権も行われており、今年は10月にトルコで行われる。ビーチバレーがオリンピック種目となったことを考えると、将来、ビーチレスリングがオリンピック種目になってもおかしくない。

 「バレーボールでは、普通のバレーを引退してビーチバレーに移り、オリンピックに出ている選手がいますよね。そんなレスリング選手がどんどん出てきてもいい。ボクが、その第1号選手です」と、パイオニアの心意気。

 実は昨年9月にベトナムで行われたアジア・ビーチ大会のレスリング競技に日本代表として出場した国際ビーチ・レスラーでもある。その時は1・2回戦を勝ちながら、準決勝で負傷棄権し、5位に終わっていた。そのリベンジも視野にあるようだ。

 「レスリング、楽しいです。楽しくなければできない。体の動く限り、続けます」。江藤の情熱が、世界ビーチ選手権の日本人出場第1号へとつながるか。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に