日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.17

8・21~26世界選手権(フランス)・展望(4)/女子60kg級~75kg級


(8月21~26日、フランス・パリ)


《大会日程》
8月21日(月) 男子グレコローマン71・75・85・98kg級
   22日(火) 男子グレコローマン59・66・80・130kg級
   23日(水) 女子55・58・63・75kg級
   24日(木) 女子48・53・60・69kg級
   25日(金) 男子フリースタイル57・61・86・125kg級
   26日(土) 男子フリースタイル65・70・74・97kg級


(注)エントリーしていない選手であっても、計量当日に申請があれば、出場を認めてきたのがこれまでの慣習です。現在の世界レスリング連盟(UWW)は、すべてにおいて規定に厳しくなっているため、こうしたことがあるかどうかは不明ですが、エントリー以外の選手が出場してくる場合もあります。

 ◎女子

 【60kg級】

盤石の強さを見せるか、川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)

 階級を変えたためシード権はないが、リオデジャネイロ・オリンピック63kg級優勝の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)の優位は動かない。アジア選手権でも圧勝優勝を飾っており、地力がナンバーワンであることは間違いない。

 昨年の世界選手権2位のアリソン・ラガン(米国)、同3位のリンダ・モライス(カナダ)、今年の欧州選手権優勝のリウボフ・オブチャロワ(ロシア)、同2位で63kg級時代のライバルの一人だったアナスタシア・グリゴリエワ(ラトビア)らが、どう挑むか。

 アジアの強豪としては、オリンピック58kg級3位のサクシ・マリク(インド)、ポーランド・オープン2位のシューブドル・バータルジャフ(モンゴル)が考えられるが、川井がアジア選手権でともに完勝している相手だ。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 
 
《第1シード》Allison Mackenzie RAGAN(米国)=2016年世界選手権2位
《第2シード》Ayaulym KASSYMOVA(カザフスタン)=2017年アジア選手権3位
《第4シード》Shoovdor BAATARJAV(モンゴル)=2017年アジア選手権5位
[1]川井梨紗子(日本)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック63kg級優勝
[2]Liubov OVCHAROVA(ロシア)=2017年欧州選手権優勝
[4]Anastasija GRIGORJEVA(ラトビア)=2017年欧州選手権2位
[6]Tetiana OMELCHENKO(アゼルバイジャン)=2017年欧州選手権3位
[7]Sakshi MALIK(インド)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック58kg級3位
[10]Mimi Nikolova HRISTOVA(ブルガリア)=2017年ダン・コロフ国際大会優勝
[11]Malin Johanna MATTSSON(スウェーデン)=2017年欧州選手権3位
[13]Linda MORAIS(カナダ)=2016年世界選手権3位
[20]Gabriella SLEISZ(ハンガリー)=2017年クリッパン女子国際大会3位
   Anastasiya HUCHOK(ベラルーシ)
   Yazhen SUN(中国)
   Leidy Marcela IZQUIERDO MENDEZ(コロンビア)
   Aurelie BASSET(フランス)
   Luisa Helga Gerda NIEMESCH(ドイツ)
   Hyeonju KWON(韓国)
   Agnieszka Sylwia KROL(ポーランド)
   Nes Marie RODRIGUEZ TIRADO(プエルトリコ)
   Kriszta Tunde INCZE(ルーマニア)
   Derya BAYHAN(トルコ)
   Sofiia BODNAR(ウクライナ)
   Thi My Hanh NGUYEN(ベトナム)


 【63kg級】

 川井梨紗子の階級変更でUWWランキング1位となった2014年世界女王のユリア・トカチ(ウクライナ)と、伊調馨を破って名を上げたオーコン・プレブドルジ(モンゴル)の争いか。プレブドルジはオリンピックのあと63kg級に照準を合わせ、4つの国際大会(ヤリギン国際大会=ロシア、モンゴル・オープン、ポーランド・オープン、スペインGP)で連続優勝と絶好調。

 クリッパン女子国際大会(スウェーデン)優勝のワレリア・ラジンスカヤ(ロシア)、欧州選手権2位のタイベ・ユセイン(ブルガリア)の欧州勢、パンアメリカン選手権優勝のブラクストン・ストン(カナダ)、2016年パンアメリカン選手権60kg級優勝のジャクリン・レンテリア(コロンビア)のパンアメリカン勢はどう闘うか。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第3シード》Yuliia TKACH OSTAPCHUK(ウクライナ)=2017年欧州選手権3位/2014年世界選手権優勝
[2]Orkhon PUREVDORJ(モンゴル)=2017年ヤリギン国際大会優勝
[3]Taybe YUSEIN(ブルガリア)=2017年欧州選手権2位
[8]Valeriia LAZINSKAYA(ロシア)=2017年クリッパン女子国際大会優勝
[10]Henna Katarina JOHANSSON(スウェーデン)=2013年ドイツGP2位
[11]Hafize SAHIN(トルコ)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック7位
[12]Jackeline RENTERIA CASTILLO(コロンビア)=2016年パンアメリカン選手権60kg級優勝
   Elmira GAMBAROVA(アゼルバイジャン)
   Veranika IVANOVA(ベラルーシ)
   Lais NUNES DE OLIVEIRA(ブラジル)
   Braxton Rei STONE(カナダ)=2017年パンアメリカン選手権郵送
   Adela HANZLICKOVA(チェコ)
   Laetitia Odile Vicky BLOT(フランス)
   Nadine WEINAUGE (ドイツ)
   Ilana KRATYSH(イスラエル)
   Sara DA COL(イタリア)
   川井友香子(日本)
   Zarina KUNANGARAYEVA(カザフスタン)
   Eunsil JANG(韓国)
   Giedre BLEKAITYTE(リトアニア)
   Blessing OBORUDUDU(ナイジェリア)
   Tayla Tuahine FORD(ニュージーランド)
   Yanet Ursula SOVERO NINO(ペルー)
   Natalia Gizela KUBATY(ポーランド)
   Mallory Maxine VELTE(米国)


 【69kg級】

 リオデジャネイロ・オリンピックの女子優勝選手で、唯一同じ階級に出場する土性沙羅(東新住建)が今年のアジア選手権でも勝ち、実力をアピールした。

 第2シードはオリンピック7位のブセ・トスン(トルコ)、第3シードはオリンピック3位のエルミラ・シズディコワ(カザフスタン)だが、欧州選手権優勝のアナスタシア・ブラチコワ(ロシア)、クリッパン女子国際大会(スウェーデン)でブラチコワを破って優勝しているコウムバ・ラーロック(フランス)の方が要注意か。

 2014年世界選手権決勝で土性を破り、今年のポーランド・オープンで優勝しているアライン・フォッケン(ドイツ)、ヤリギン国際大会(ロシア)優勝のタミラ・メンサ(米国)、同2位でリオデジャネイロ・オリンピック代表のナサンブルマー・オチルバト(モンゴル)、オリンピック63kg級決勝で川井梨紗子と闘い、階級を上げて欧州選手権2位のマリア・ママシュク(ベラルーシ)らが優勝戦線に浮上するか。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第1シード》土性沙羅(日本)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック優勝
《第2シード》Buse TOSUN(トルコ)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック7位
《第3シード》Elmira SYZDYKOVA(カザフスタン)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位
[3]Anastasia BRATCHIKOVA(ロシア)=2017年欧州選手権優勝
[4]Koumba Selene Fanta LARROQUE(フランス)=2017年欧州選手権3位
[6]Olivia Grace DI BACCO(カナダ)=2017年パンアメリカン選手権優勝
[7]Aline FOCKEN(ドイツ)=2017年ポーランド・オープン優勝/2014年世界選手権優勝
[8]Maryia MAMASHUK(ベラルーシ)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック63kg級2位
[10]Tamyra Mariama MENSAH(米国)=2017年ヤリギン国際大会優勝
[14]Elis MANOLOVA(アゼルバイジャン)=2017年ヤリギン国際大会3位
[20]Danute DOMIKAITYTE(リトアニア)=2017年クリッパン女子国際大会5位
   Martina KUENZ(AUT)
   Dailane GOMES DOS REIS(ブラジル)
   Viktoria Ivanova BOBEVA(ブルガリア)
   Yue HAN(中国)=2016年世界ジュニア選手権67kg級2位
   Meerim ZHUMANAZAROVA(キルギス)=2017年世界ジュニア選手権67kg級3位
   Hyebin KIM(韓国)
   Nasanburmaa OCHIRBAT(モンゴル)=2017年ヤリギン国際大会2位
   Alla BELINSKA(ウクライナ)


 【75kg級】

 オリンピックのメダリスト不在の階級。2016・17年欧州選手権優勝のヤセミン・アダル(トルコ)が同国史上初の世界女王となれるか。

 対抗は、欧州選手権2位のザネット・ネメス(ハンガリー)、2015年世界選手権3位のエップ・マエ(エストニア)、パンアメリカン選手権優勝のジャスティナ・ディスタシオ(カナダ)、アジア選手権優勝のパリハ・パリハ(中国)ら。

 飛躍する可能性があるのは、今月の世界ジュニア選手権(フィンランド)を制したアイペリ・メデトキジ(キルギス)。18歳だが、すでにヤリギン国際大会(ロシア)5位などシニアでも実力を見せている。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第1シード》Yasemin ADAR(トルコ)=2016・17年欧州選手権優勝
《第2シード》Vasilisa MARZALIUK(ベラルーシ)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック5位
《第4シード》Zsanett NEMETH(ハンガリー)=2017年欧州選手権2位
[2]Justina Renay DI STASIO(カナダ)=2017年パンアメリカン選手権優勝
[4]Epp MAE(エストニア)=2015年世界選手権3位
[6]Paliha PALIHA(中国)=2017年アジア選手権優勝
[8]Aline DA SILVA FERREIRA(ブラジル)=2017年パンアメリカン選手権2位
[9]Gulmaral YERKEBAYEVA(カザフスタン)=2017年アジア選手権3位
[10]Svetlana SAENKO(モルドバ)=2017年欧州選手権3位
[13]Andrea Carolina OLAYA GUTIERREZ(コロンビア)2017年パンアメリカン選手権3位
[14]Alena PEREPELKINA(ロシア)=2017年ヤリギン国際大会3位
[18]Aiperi MEDET KYZY(キルギス)=2017年世界ジュニア選手権72kg級優勝
[16]Maria SELMAIER(ドイツ)=2017年ドイツGP3位
   Sofiya Hristova GEORGIEVA(ブルガリア)
   Blandine METALA EPANGA(カメルーン)
   Samar Amer Ibrahim HAMZA(エジプト)
   Kendra Augustine Jocelyne DACHER(フランス)
   Pooja POOJA(インド)
   鈴木博恵(日本)
   Namju HEO(韓国)
   Urtnasan GAN OCHIR(モンゴル)=2015年ヤリギン国際大会優勝
   Iselin Maria Moen SOLHEIM(ノルウェー)
   Hajaratu Mariama KAMARA(シエラレオネ)
   Kateryna BURMISTROVA(ウクライナ)
   Victoria Christine FRANCIS(米国)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に