日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.18

8・21~26世界選手権(フランス)・展望(5)/男子フリースタイル57kg級~70kg級


(8月21~26日、フランス・パリ)


《大会日程》
8月21日(月) 男子グレコローマン71・75・85・98kg級
   22日(火) 男子グレコローマン59・66・80・130kg級
   23日(水) 女子55・58・63・75kg級
   24日(木) 女子48・53・60・69kg級
   25日(金) 男子フリースタイル57・61・86・125kg級
   26日(土) 男子フリースタイル65・70・74・97kg級


(注)エントリーしていない選手であっても、計量当日に申請があれば、出場を認めてきたのがこれまでの慣習です。現在の世界レスリング連盟(UWW)は、すべてにおいて規定に厳しくなっているため、こうしたことがあるかどうかは不明ですが、エントリー以外の選手が出場してくる場合もあります。

◎男子フリースタイル

 【57kg級】

優勝候補の一角を占める高橋侑希(ALSOK)

 55kg級時代に世界一に輝き、昨年のリオデジャネイロ・オリンピック3位のハッサン・ラヒミ(イラン)がエントリーしているが、負傷で不出場との情報も伝わっている。出場すれば欧州選手権優勝のゲオルギ・エディシェラシビリ(アゼルバイジャン)、アジア選手権優勝の高橋侑希(ALSOK)、昨年の世界選手権61kg級2位のベカ・ロムターゼ(ジョージア)らと優勝を争いそう。

 欧州選手権2位のアンドレイ・デュコフ(ルーマニア)、同3位のスレイマン・アトリ(トルコ)ザブル・ウグエフ(ロシア)らが優勝争いに加われるか。

 2014年アジア大会王者で今年のアジア選手権2位のヨン・ハクジン(北朝鮮)、スペインGP優勝のトーマス・グリーン(米国)らも要注意。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第4シード》Hassan Sabzali RAHIMI(イラン)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位
[1]Giorgi EDISHERASHVILI(アゼルバイジャン)=2017年欧州選手権優勝
[2]Suleyman ATLI(トルコ)=2017年欧州選手権3位
[4]Zavur UGUEV(ロシア)=2017年欧州選手権3位
[6]Beka LOMTADZE(ジョージア)=2016年世界選手権61kg級2位
[7]Andrei DUKOV(ルーマニア)=2017年欧州選手権2位
[8]高橋侑希(日本)=2017年アジア選手権優勝
[9]Bekhbayar ERDENEBAT(モンゴル)=2017年ダン・コロフ国際大会優勝
[10]Andrii YATSENKO(ウクライナ)=2017年U-23欧州選手権3位
[11]Nurislam SANAYEV(カザフスタン)=2017年アジア選手権3位
[17]Sandeep TOMAR(インド)=2016年アジア選手権優勝
[18]Hakjin JONG(北朝鮮)=2016年アジア選手権2位
[19]Thomas Patrick GILMAN(米国)=2017年スペインGP優勝
   Garik BARSEGHYAN(アルメニア)
   Asadulla LACHINAU(ベラルーシ)
   Georgi Valentinov VANGELOV(ブルガリア)=2016年欧州選手権3位
   Aso PALANI(カナダ)
   Wanhao ZOU(中国)
   Aubin KAMGANG MOLOU(カメルーン)
   Juan Rubelin RAMIREZ BELTRE(ドミニカ)
   Levan METREVELI VARTANOV(スペイン)
   Zoheir EL OUARRAQE(フランス)
   Yuriy HOLUB(イスラエル)
   Givi DAVIDOVI(イタリア)
   Ulukbek ZHOLDOSHBEKOV(キルギス)
   Sunggwon KIM(韓国)
   Chakir ANSARI(モロッコ)
   Vladimir EGOROV(マケドニア)
   Lowe BINGHAM(NRU)
   Samitha EKANAYAKE MUDIYANSELAGE(スリランカ)
   Nodirjon SAFAROV(ウズベキスタン)


 【61kg級】

 昨年の世界選手権優勝のローガン・スティエバー(米国)と、リオデジャネイロ・オリンピック57kg級優勝で今年の欧州選手権でこの階級を制したウラジーミル・キンチェガシビリ(ジョージア)が激突するか。2015年世界選手権優勝でリオデジャネイロ・オリンピックは57kg級3位のハジ・アリエフ(アゼルバイジャン)もあなどれない。

 今年のU-23欧州選手権優勝のガジムラド・ラシドフ(ロシア)、2015年アジア選手権65kg級優勝で今年のワールドカップ61kg級代表のマスード・エスマイルプアジョイバリ(イラン)が優勝争いにからむか。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第2シード》Logan Jeffery STIEBER(米国)=2016年世界選手権優勝
《第4シード》Andrei PERPELITA(モルドバ)=2017年欧州選手権3位
[1]Vladimer KHINCHEGASHVILI(ジョージア)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック57kg級優勝
[5]Gadzhimurad RASHIDOV(ロシア)=2017年U-23欧州選手権優勝
[6]Haji ALIYEV(アゼルバイジャン)=2015年世界選手権優勝/2016年リオデジャネイロ・オリンピック57kg級3位
[10]Han Song KIM(北朝鮮)=2017年アジア選手権2位
[11]Yowlys BONNE RODRIGUEZ(キューバ)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック57kg級5位
[12]Valodya FRANGULYAN(アルメニア)=2017年欧州選手権3位
[13]Daulet NIYAZBEKOV(カザフスタン)=2017年アジア選手権3位
[15]Masoud ESMAEILPOORJOUYBARI(イラン)=2015年アジア選手権65kg級優勝
   Husein SHAKHBANAU(ベラルーシ)
   Stefan Ganchev IVANOV(ブルガリア)
   Steven Masao TAKAHASHI(カナダ)
   Minghu LIU(中国)
   Roland TAMBI NFORSONG(カメルーン)
   Jonathan Ngeta IBANDA(コートジボアール)
   Tommy Jesus GARCIA SANCHEZ(ドミニカ)
   Iurii SIEMAKIN(フランス)
   Quentin Jean-René STICKER(フランス)
   Mbunde CUMBA MBALI(ギニアビサオ)
   Manuel WOLFER(ドイツ)
   Ethan Mikquin Tomapa AGUIGUI(グアム)
   Jozsef MOLNAR (ハンガリー)
   Harphool HARPHOOL(インド)
   中村倫也(日本)
   Alibek OSMONOV(キルギス)
   Junsik YUN(韓国)
   Tuvshintulga TUMENBILEG(モンゴル)=2016年アジア選手権3位
   Elmedin SEJFULAU(マケドニア)
   Cristian Etpison NICOLESCU(パラオ)
   Ivan GUIDEA(ルーマニア)
   Mykola BOLOTNJUK(スロバキア)
   Cengizhan ERDOGAN(トルコ)
   Ivan BILEICHUK(ウクライナ)


 【65kg級】

 絶対的な選手のいない階級。ヤリギン国際大会3位のアラン・ゴガエフ(ロシア)、リオデジャネイロ・オリンピック65kg級代表で今年の欧州選手権2位のズラビ・イアコビシビリ(ジョージア)、パンアメリカン選手権2位のフランクリン・ゴメス(プエルトリコ)、アジア選手権優勝のバイラン・バイラン(インド)など、だれにでも優勝の可能性はありあそう。

 エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第2シード》Zurabi IAKOBISHVILI(ジョージア)=2017年欧州選手権3位
《第4シード》Franklin GOMEZ MATOS(プエルトリコ)=2017年パンアメリカン選手権2位
[4]Magomedmurad GADZHIEV(ポーランド)=2017年欧州選手権70kg級2位
[6]Bajrang BAJRANG(インド)=2017年アジア選手権優勝
[7]Meisam Abolfazl NASIRI(イラン)=2017年アジア選手権3位
[10]Alejandro Enrique VALDES TOBIER(キューバ)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック7位
[11]Alan GOGAEV(ロシア)=2017年ヤリギン国際大会3位
[12]Magomed Raxmatulla MUSLIMOV(アゼルバイジャン)=2017イスラム諸国連合大会2位
[13]Seungchul LEE (韓国)=2017年アジア選手権2位
[14]David HABAT(スロベニア)=2017年欧州選手権3位
[15]Mustafa KAYA(トルコ)=2016年欧州選手権2位
[17]Nikolay Goshev KURTEV(ブルガリア)=2017年欧州選手権70kg級5位
[20]Gor OGANNESYAN(ウクライナ)=2017年欧州選手権5位
   Liam Brice NEYLAND(オーストラリア)
   Heorhi KALIYEU(ベラルーシ)
   Haislan Antonio VERANES GARCIA(カナダ)
   Jianglin GUI(中国)
   Benoit AMBASSA NYA(カメルーン)
   Dydo Bopamba NGOY(コートジボアール)
   Albaro RUDESINDO CAMACHO(ドミニカ)
   Ibrahim Abdelhamid Ibrahim ALY(エジプト)
   Maxime Eric FIQUET(フランス)
   Alexander SEMISOROW(ドイツ)
   Rahul MANN(インド)
   鴨居正和(日本)
   Meirzhan ASHIROV(カザフスタン)=2016年世界大学選手権優勝
   Maxim PERPELITA(モルドバ)
   Lkhangarmaa NARMANDAKH(モンゴル)
   Amas DANIEL(ナイジェリア)
   Sixto Miguel AUCCAPINA PEDRAGAS(ペルー)
   Kukgwang KIM(北朝鮮)=2016年世界軍隊選手権2位
   Abdullrahman Ibrahim A. IBRAHIM(カタール)
   Chamara Milinda Perera WEERASINGHEGE(スリランカ)
   Randy Adrian VOCK(スイス)
   Zain Allen RETHERFORD(米国)=2017年スペインGP優勝


 【70kg級】

 2015年世界選手権65kg級優勝で、階級を上げて今年の欧州選手権を制したフランク・チャミゾ(イタリア)が台風の目となろう。パンアメリカン選手権とスペインGPで優勝したジェームズ・グリーン(米国)がどう闘うか。

 ヤリギン国際大会(ロシア)3位のマゴメドカビビ・カジマゴメドフ(ロシア)、U-23欧州選手権優勝のガジムラド・オマロフ(アゼルバイジャン)らが優勝戦線に浮上するか。

 アジア選手権優勝のアクズレク・タナタロフ(カザフスタン)、オリンピック65kg級3位で階級を上げてアジア選手権2位のイクティヨール・ナブルゾフ(ウズベキスタン)、昨年の世界選手権3位のモスタファ・ホセインカニ(イラン)、昨年の世界ジュニア選手権66kg級3位の藤波勇飛(山梨学院大)らのアジア勢はどうか。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第1シード》James Malcolm GREEN(米国)=2017年パンアメリカン選手権優勝
《第3シード》Mihail SAVA(モルドバ)=2016年世界大学選手権2位
[1]Frank CHAMIZO MARQUEZ(イタリア)=2015年世界選手権65kg級優勝/2017年欧州選手権優勝
[4]Ikhtiyor NAVRUZOV(ウズベキスタン)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック65kg級3位/2017年アジア選手権2位
[6]Magomedkhabib KADIMAGOMEDOV(ロシア)=2017年ヤリギン国際大会3位
[8]Akzhurek TANATAROV(カザフスタン)=2017年アジア選手権優勝
[9]Mostafa HOSSEINKHANI(イラン)=2016年世界選手権3位
[10]Elaman DOGDURBEK UULU(キルギス)=2016年世界選手権3位
[13]Gadzhimurad OMAROV(アゼルバイジャン)=2017年U-23欧州選手権優勝
[16]Mandakhnaran GANZORIG(モンゴル)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック65kg級5位
[18]Zurabi ERBOTSONASHVILI(ジョージア)=2017年トビリシ国際大会2位
[20]Azamat NURYKAU(ベラルーシ)=2017年スペインGP3位
   Maximilian AUSSERLEITNER(オーストリア)
   Miroslav Stefanov KIROV(ブルガリア)
   Michael Stanley David ASSELSTINE(カナダ)
   Carlos Eduardo ROMERO MILLAQUEO(チリ)
   Hairi HAIRI(中国)
   Reagan NDOMBASI MATADI(コートジボアール)
   Ilman MUKHTAROV(フランス)
   Christophe Guy Alain CLAVIER(フランス)
   Lennard WICKEL(ドイツ)
   Zsombor Istvan GULYAS (ハンガリー)
   Amit Kumar DHANKHAR(インド)
   Mark POPOV(イスラエル)
   藤波勇飛(日本)
   Gunwoo LEE(韓国)
   Ogbonna Emmanuel JOHN(ナイジェリア)
   Jarvis Sadam Blesam TARKONG(PLW)
   Adrian Ionut MOISE(ルーマニア)
   Yves NEYER(スイス)
   Yakup GOR(トルコ)
   Semen RADULOV(ウクライナ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に