日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.19

【記録】2017年世界選手権/男子フリースタイル74kg級・高谷惣亮(ALSOK)の国際大会成績


 《2017年》

 【5月:ビート・ザ・ストリーツ=米国(団体戦74kg級)】
ワンマッチ ●[2-9]○Jordan Burroughs

 【1月:ヤリギン国際大会=ロシア(74kg級)】=繰り上がり6位(26選手出場)
敗復戦 ●[1-6]Valiev, Radik(ロシア)
3回戦  ●[6-8]Sanakoev, Atsamaz(ロシア)
2回戦  ○[7-4]Ulimbashev, Azret(ロシア)
1回戦  ○[13-10]Zaseev, Alan(ロシア)

---------------

 《2016年》

 【8月:リオデジャネイロ・オリンピック(74kg級)】=7位(20選手出場)
3回戦 ●[3-4]Galymzhan Usserbayev(カザフスタン)
2回戦 〇[5-4] Zelimkhan Khadjiev(フランス)
1回戦 〇[負傷棄権、1:44=6-0]Talgat Ilyasov(オーストラリア)

 【6月:マケドニア・パール国際大会=マケドニア(86kg級)】=優勝(5選手出場)
リーグ4回戦 ○[18-12]Rene Matejov(スロバキア)
リーグ3回戦 ○[Tフォール、1:59=10-0]Stanko Stojanovic(セルビア)
リーグ2回戦 ○[7-5]Michal Duba(スロバキア)
リーグ1回戦 ○[Tフォール、3:30=10-0]Ramandan Mustafovski(マケドニア)

 【3月:アジア予選=カザフスタン(74kg級)】=2位(9選手出場)
決  勝 ●[途中棄権、0:25=0-1]Galymzhan Usserbayev(カザフスタン)
準決勝 ○[4-2]Rashid Kurbanov(ウズベキスタン)
2回戦  ○[Tフォール、3:55=16-6]Dovletmyrat Orazgylyjov(トルクメニスタン)
1回戦  ○[8-3]Lee Yunseok(韓国)

---------------

 《2015年》

 【9月:世界選手権=米国(74kg級)】=14位(42選手出場)
2回戦 ●[Tフォール、4:21=0-11]Aniuar Geduev(ロシア)
1回戦 ○[フォール、2:26=8-0]Francisco Daniel Soler Tanco(プエルトリコ)

 【7月:ジオルコウスキ国際大会=ポーランド(86kg級)】=2位(25選手出場)
決  勝 ●[0-4]Alireza Ghasemi(イラン)
準決勝 ○[Tフォール、10-0]Martin Obst(ドイツ)
3回戦  ○[Tフォール、14-4]Razaei Ghaleh Morteza(イラン)
2回戦  ○[Tフォール、10-0]Mihaly Nagy(ハンガリー)
1回戦  ○[Tフォール、10-0]Alberto Martinez Navarro(スペイン)

---------------

 《2014年》

 【9月:世界選手権=ウズベキスタン(74kg級)】=2位(31選手出場)
決  勝 ●[2-8]Denis Tsargush(ロシア)
準決勝 ○[3-1]Jumber Kvelashivili(グルジア)
3回戦  ○[4-0]Murad Gaidarov(ベラルーシ)
2回戦  ○[Tフォール、4:42=15-2]Livan Lopez(キューバ)
1回戦  ○[Tフォール、2:18=12-2]Ramazan Kambarov(トルクメニスタン)

 【3月:ワールドカップ=米国(団体戦74kg級)】
7・8位決戦   ○[Tフォール、10-0]●Murat Erturk(トルコ)
予選4回戦 ●[1-3]○Akhmed Gadzhimagomedov(ロシア)
予選3回戦 ●[1-6]○Giya Chykhladze(ウクライナ)
予選2回戦 ●[2-3]○Purevjav Unurbat(モンゴル)
予選1回戦 ○[9-4]●Giorgi Marsagishvili(ジョージア=グルジア)

 【2月:ヤシャ・ドク国際大会=トルコ(74kg級)】=9位(28選手出場)
3回戦 ●[警告失格、3-3]Soner Demartaaz(トルコ)
2回戦 ○[6-4]Cheka M. Chiasi(イラン)
1回戦 ○[Tフォール、12-1]Muhammed Demar(トルコ)

 【2月:タクティ・カップ=イラン(74kg級)】=16位(23選手出場)
1回戦 ●[5-5C]E. Akbarizarinkolaei(イラン)

---------------

 《2013年》

 【9月:世界選手権=ハンガリー(74kg級)】=7位(39選手出場)
敗復戦 ●[4-6]Jacob Makarashivili(グルジア)
4回戦  ●[4-6]Aliashgar Akbarizarinkolaei(イラン)
3回戦  ○[Tフォール、4:01(9-4)]Akzhurek Tanatarov(カザフスタン)
2回戦  ○[Tフォール、5:44(10-2)]Giya Chykhladze(ウクライナ)
1回戦   BYE

 【2月:ワールドカップ=米国(団体戦74kg級)】
7・8位決戦   ●[不戦敗]Nurlan Bekzhanov(カザフスタン)
予選5回戦 ●[不戦敗]Jakob Makarashvili(ジョージア=グルジア)
予選3回戦 ●[不戦敗]Miroslav Stefanov Kirov(ブルガリア)
予選2回戦 ●[0-2(0-2,1-7)]Jordan Ernest Burroughs(米国)
予選1回戦 ●[0-2(3-5,0-1)]Sadegh Saeed Goudarzi(イラン)

 【1月:ヤリギン国際大会=ロシア(74kg級)】=16位(34選手出場)
3回戦 ●[1-2(1-0,0-1,0-1)]Mostafa Khosejkhani(イラン)
2回戦 ○[2-0(3-0,3-0)]Nyambayar Baatar(モンゴル)
1回戦  BYE

---------------

 《2012年》

 【8月:ロンドン・オリンピック(74kg級)】=繰り上げ15位(19選手出場)
1回戦 ●[0-2(0-1,0-1)]Ashraf Aliyev(アゼルバイジャン)

 【5月:ワールドカップ=アゼルバイジャン(団体戦74kg級)】
9・10位決戦 ○[2-0(2-1,3-0)]Ivan Bogdanov Deliverski(ブルガリア)
予選5回戦  ○[2-1(3-0,0-1,5-3)]Demirsin Batuhan(トルコ)
予選4回戦  ●[1-2(1-2,1-1,0-3)]Davit Khutsishvili(ジョージア=グルジア)
予選3回戦  ●[1-2(1-0,0-1,0-1)]Mostafa Mohabbali Hosseinkhani(イラン)
予選2回戦   BYE
予選1回戦  ●[1-2(5-4,1-3,2-3)]Jordan Ernest Burroughs(米国)

 【3月:オリンピック・アジア予選=カザフスタン(74kg級)】=2位(12選手出場)
決  勝 ●[1-2(0-1,2-1,0-2)]Rashid Kurbanov(ウズベキスタン)
準決勝 ○[2-1(3-5,4-0,4-1)]Gombodorj Dorvvaanchig(モンゴル)
2回戦  ○[フォール、1P1:49(F5-0)]Lee Yun-Seok(韓国)
1回戦   BYE

 【2月:デーブ・シュルツ記念国際大会=米国(74kg級)】=4位(26選手出場)
3決戦  ●[2-0(1-0,0-2)]Tyler Caldwell(米国)
敗復戦 ○[2-0(3-0,3-0)]Kamal Malikov (Russia)
準決勝 ●[0-2(0-1,1-3)]Trent Paulson(米国)
3回戦  ○[2-0(1-0,1-0)]Nick Marable(米国)
2回戦  ○[2-0(3-2,5-2)]Lloyd Rogers(米国)
1回戦  ○[不戦勝]Travis Paulson(米国)

---------------

 《2011年》

 【2月:ダン・コロフ国際大会=ブルガリア(74kg級)】=10位(13選手出場)
2回戦 ●[1-2(2-2B,2-0,2-7)]Milan Blagoev(ブルガリア)
1回戦 ◯[2-1(0-6,3-0=2:12,3-1)]Eljan Usubzade(アゼルバイジャン)

---------------

 《2010年》

 【10月:世界学生選手権=イタリア(74kg級)】=7位(18選手出場)
3回戦 ●[1-2(0-1,3-2,0-1)]Deliverski Ivan(ブルガリア)
2回戦 ○[2-0(4-1,3-0)]Reader John(米国)
1回戦 ○[フォール、2P1:21(4-0,3-0)]Oliver Daniel(カナダ)

---------------

 《2009年》

 【8月:世界ジュニア選手権=トルコ(74kg級)】=9位(35選手出場)
3回戦 ●[1-2(1-①,1-0,1-4)]Batuhan Demircin(トルコ)
2回戦 ○[2-1(0-1,2-0,4-0)]Pedro Ceballos Fuentes(ベネズエラ)
1回戦 ○[2-1(1-0,2-1)]Parviz Mammadov(アゼルバイジャン)

---------------

 《2008年》

 【5月:オリンピック世界予選最終戦=ポーランド(74kg級)】=7位(29選手出場)
敗復戦 ●[1-2(1-0=2:06,2-3,0-1=2:29)] Abdulkhakim Shapiyev(カザフスタン)
3回戦 ●[0-2(0-1=2:02,2-3)] Ahmet Gulhan(トルコ)
2回戦 ○[フォール、2P1:54(1-2、F7-0)] Ramesh Kumar(インド)
1回戦 ○[2-1(0-1,1-0=2:03,4-3)] Maximo Blanco(ベネズエラ)

---------------

 《2007年》

 【8月:世界ジュニア選手権=中国(74kg級)】=5位(24選手出場)
3決戦 ●[0-2(5-7,5-5)]Gocha Lomtatidze(グルジア)
準決勝 ●[0-2(0-6,0-5)]Denis Tsargush(ロシア)
3回戦  ○[2-1(6-3,1-2,5-1)]Iman Mohamadian(イラン)
2回戦  ○[2-0(2-0,2-0)]Dan Palinkas(スロバキア)
1回戦   BYE

---------------

 《2006年》

 【8月:アジア・カデット選手権=タイ(69kg級)】=7位(10選手出場)
1回戦 ●[1-2] Cai Tinghai(中国)

---------------

 《2005年》

 【7月:アジア・カデット選手権=茨城・大洗(63kg級)】=5位(10選手出場)
3決戦  ●[0-2(0-5,0-4)] Narsigh P. Yadav(インド)
敗復戦 ○[フォール1P0:51(F7-0)] Lional Moldavsky(豪州)
2回戦  ●[0-2(1-4,0-4)] Uktam Tuyev(ウズベキスタン)
1回戦  ○[2-0(5-0,4-3)] Tserentogtokh Gur-od(モンゴル)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp