日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.23

【記録】文田健一郎は男子グレコローマン最年少の世界一


 男子グレコローマンの文田健一郎(日体大)が世界最高位についた。日本の男子グレコローマンでは、オリンピック4人、世界選手権3人が優勝しており、のべ8人目の世界一の選手となるが、「21歳8ヶ月」での世界一は日本最年少。学生での世界一は初めて。

 なお、男子フリースタイルの最年少世界一は、1974年世界選手権の男子フリースタイル52kg級で優勝した高田裕司(現日本協会専務理事)の「20歳6ヶ月」。

 また、学生で世界王者に輝いたのは、1979年世界選手権の男子フリースタイル57kg級で優勝した富山英明(現日本協会常務理事)以来となる。


男子グレコローマンの世界・オリンピック王者の年齢

大会・場所 階 級 選  手 年齢
 1962年 世界選手権(米国)  57kg 市口政光 22歳5ヶ月 
 1964年 東京オリンピック 52kg 花原 勉 24歳9ヶ月 
 〃 57kg  市口政光 24歳9ヶ月
1968年 メキシコ・オリンピック 70kg  宗村宗二 25歳0ヶ月
 1970年 世界選手権(カナダ)  62kg  藤本英男  26歳0ヶ月
1983年 世界選手権(ソ連) 57kg 江藤正基 29歳6ヶ月
 1984年 ロサンゼルス・オリンピック 52kg 宮原厚次  25歳7ヶ月
 2017年 世界選手権(フランス) 59kg 文田健一郎  21歳8ヶ月

 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp