日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.23

“川井違い”で川井友香子(至学館大)がシード権獲得


 世界選手権第3日から女子が開始されたが、63kg級の川井友香子(至学館大)が姉と間違われ、第2シードとなる珍事があった。

 同級は第1、2シードが出場しておらず、第4シードの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)は60kg級出場。第3シードのオリンピック9位、欧州選手権3位のユリア・トカチ(ウクライナ)が第1シードとなり、あとはノーシードのはずだった。

 日本から出場するのは川井の妹の友香子。計量の際、審判員が梨紗子と勘違いしてくじを引かせず、できあがったトーナメントでは友香子は第2シードの場所に名前があった。

 本人とコーチが気がつき、正直に申告。審判員会もその事実を把握し、なんとかしようとしたが、すでに抽選が終わっており、選手はちりぢりに。抽選をやり直すことができず、そのままの組み合わせで通すことに。昨年から今年にかけて国際舞台での実績のない川井が第2シードの組み合わせとなった。

 世界レスリング連盟(UWW)がシード制を採用するのは昨年のリオデジャネイロ・オリンピックに続いて2度目。こうした間違いが起こった場合の対処の方法などの規定は、まだつくられていない。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に