日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.09.09

世界カデット選手権(ギリシャ)出場の男子グレコローマン・チームが帰国


左から小柴健二コーチ、竹下航生、松井謙、森下浩監督

 ギリシャ・アテネで行われている世界カデット選手権に出場した男子グレコローマン・チームが9月8日、羽田空港着の日本航空で帰国した。50kg級の松井謙(岐阜・中京高)の金メダル、58kg級の竹下航生(香川・高松北高)の銅メダルのほか、日本のグレコローマンとしては大会史上最高の国別対抗得点6位という好成績での凱旋に、スタッフの表情は明るかった。

 森下浩監督(和歌山・和歌山北高教)は「文田(健一郎)選手の世界一を受けて挑んだ大会。団長ほか多くの人のバックアップもあり、いいムードで試合に臨めた。優勝と銅メダル獲得はうれしいし、5位になった島谷侃(54kg級=秋田・秋田商高)と日下尚(76kg級=香川・高松北高)も3位決定戦は大接戦。最後まであきらめない粘りがあり、銅メダルを取らせてやりたい内容だった」と評価した。

 「日本選手はスタミナがある。後半勝負すれば勝てることを実感した」という大会だった。だが、グレコローマンはルール改正が予定されており、来年からはカデットでもパーテール・ポジションの選択が復活する可能性もある。「グラウンドが入ると外国選手は強い。ルールが変われば、それに応じた練習をしなければならない」と気を引き締めることを忘れなかった。

 来年1月から実施される「2日間試合・計量」に日本レスリング界として初めて臨んだことついては「2日目の計量は難しいかな、と思ったけど、選手は率先して調整していた。だれも計量失格なく、ほっとしている。自覚があったと思う」と振り返った。

 自身の選手時代は、2~3日間連続計量が実施されていたが、早朝ではなく、試合終了のあと1時間半以内のリミット計量という厳しいものだった。「翌朝までというのは、けっこう余裕あるかもしれない」とも言う。

次世代選手の活躍を感じさせてくれた男子グレコローマン・チーム

 小柴健二コーチ(佐賀・鳥栖工高教)は「これまでは、出発前日はホテルの周辺を走る程度だったが、今回は東京実業高校でマット練習をさせてもらい、技の確認ができた。この日程が大きかった。いい雰囲気で日本を発つことができた」と周囲の厚意に感謝。「上位入賞を逃した選手も決して悪い内容ではなく、経験を積めば勝てるという内容。このあたりが団体6位という成績につながったと思う」と全選手の健闘を評価した。

 グレコローマンは欧州に比べて劣っているイメージがあるが、「日本のグレコローマンも世界で闘えることを知ってほしい。この結果と内容を全国の学校に発信し、選手には『次は自分たちだ』という意識を持ってもらい、来年もこれ以上の好成績を残してほしい」と望んだ。

中京学院大選手との連日の練習が実る…金メダルの松井謙

 金メダルを持ち帰った松井は「すごくうれしい。どの試合も自分から前に出ていけたことで、勝ち抜けたのかな、と思います」と第一声。準決勝と決勝はともに1点差の勝利。接戦を勝ち抜いても栄光に、「ふだん、大学、高校、岐阜の先生から教えてもらっていることをやり切ることができたからです。ばてなかったことも勝因だと思います」と振り返った。

 国際大会は昨年のこの大会に続いて2回目。「やはり外国選手は怖いと感じましたね」とのことだが、ふだんは中京学院大で大学選手を相手に練習している。パワーある年上選手との練習が生きたことは間違いあるまい。パーテール・ポジションの選択が復活するかもしれないルール改正については、「決勝ではグラウンド回されて危なかった。グラウンドをしっかり練習し、来年も出られるように頑張りたい」と話した。

 銅メダルの竹下は「金メダルを取るつもりだったので悔しいけれど、メダルを取れたことはうれしい。悔しさとうれしさが入り交じっている気持ちです」と、やや複雑な表情。準決勝でアジア・カデット選手権2位のイラン選手に負けたあと、気持ちをしっかり切り替えられたそうで、「それがよかった。3位決定戦で最初にそられて4点を取られたけど、あきらめず、心が折れずに勝つぞという気持ちを持ち続けることができたことがよかった」と、銅メダル獲得の要因を話した。

 優勝はそのイラン選手だったが、「実力差は感じない。やっていて腕取りが得意な選手と分って、それをもっと警戒していれば勝てる試合だった。相手に流れをつくらせてしまっただけ。(自分が)優勝してもおかしくないだけの実力を身につけていると思っています」ときっぱり。紙一重を乗り越えるために必要なことに国際経験を挙げ、「海外の選手との試合を重ね、相手選手の得意技やスタイルを知って戦略を練ることだと思います」と話した。

松井謙(愛知・中京高)

竹下航生(香川・高松北高)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp