日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.12.07

【特集】ペルーで女子選手を指導する山﨑達哉さん(日体大OB)に聞く(下)


《上から続く》

10月中旬には味の素トレーニングセンターの全日本合宿に参加

(聞き手=増渕由気子、写真=本人提供)

 ――山﨑さんがコーチに加入して、選手たちに何か変化はありましたか。

 「以前は、コーチが全体に向けて指導をして、あまり個人向けの指導ができなかったようです。僕が入ったことで、個々の指導時間は以前より増えていますし、体格などにあわせた指導も展開しています」

 ――指導は山﨑さんが直接伝えているんですか。

 「はい。日本語が話せる選手やスタッフはいないので、通訳は挟まずに覚えたてのスペイン語で僕が直接伝えています。意思疎通が滞ったときは、別の選手が僕の話していることを察して、「たぶん、彼はこう言いたいのよ」と通訳してくれます。僕の語学は、まだまだな部分がありますが、選手たちも歩み寄ってくれるし、指導面では困っていないです。

 街に出ても、日系3世、4世の方たちばかりなので、日本語でのやりとりは、基本的にないんですが、日本へ行ったことがある方も多く、日本の話題で盛り上がるんですよ」

至学館大で向田真優選手と練習するペルー選手

 ――ペルーの女子選手の実力は、半年間見ていてどう感じていますか。

 「パンアメリカン選手権では、そこそこやっていて、もう少しだなって思っていました。けれども、8月の世界選手権では全員が初戦で敗退し、誰も勝てませんでした。48kg級は1回戦で須崎優依と対戦して、ローリングで転がされてしまいました(笑)。僕は現地に帯同せず、動画サイトで見ていましたが、明らかに緊張していて、本当の力を発揮していないなと思いました」

 ――今回、全日本合宿や、日体大、至学館大の練習に参加したようですが、感想はいかがでしたか。特に女子の総本山である至学館大との合同練習は得るものがたくさんあったのではないでしょうか。

 「圧倒的な差があると思っていたんですが、思っていた以上に日本のトップ選手たちに食らいついていました。日本選手は体力があるので、後半になると差は明らかでしたが、今後の可能性はゼロじゃないなって思いました。日本で合宿を張って気が付いたことなので、今回の合宿で得たものは大きいです」

至学館大のハードトレーニングにも挑戦!

 ――日本での3週間という長期合宿はどうでしたか

 「だいぶハードなスケジュールになってしまいました。メンバーの中には子供がいる選手もいるので、ホームシックになってしまっていましたね。それと、たまたま天候が悪い時期で、「日本は雨ばかり降っている」と文句を言われてしまいました。合宿中に2回も台風が来てしまいましたからね(笑)。ちょっと運が悪かったですね」

 ――任期はあと1年ですね。どんな指導を心がけたいですか。

 「レスリングで勝つ楽しみを経験させたいです。僕は1年生で高校チャンピオンになったけど、そのあと挫折して競技をやめようとしたこともありました。勝つ喜びや負ける悔しさを両方知っています。ペルーの選手は、今の時点で大きな大会で優勝したことがない選手たちです。僕の経験を生かして、勝つ喜びや楽しさを教えたいです。男子チームは少しずつ結果を出しているんですが、女子はまだ大きな大会で金メダルがないので、それを目標にしていきたいです。

2014年全日本学生選手権の準決勝で樋口黎を破った山﨑さん=撮影・矢吹建夫

 --山﨑さんはアジア・ジュニアチャンピオンという肩書がありますが、それ以上に2016年リオデジャネイロ・オリンピックで銀メダルを獲得した太田忍(ALSOK)選手や樋口黎(日体大)選手に、ともに勝っているという印象が強いです。そのような経歴はペルーで歓迎されたのではないでしょうか。

 「太田選手に勝ったのは高校時代のフリースタイルで(2009年新潟国体)、樋口選手に勝ったのは大学3年のインカレ(全日本学生選手権)ですね。高校や学生の大会という過去の話ですよ(笑)。僕の経歴を話しても、あんまり反応はなかったです。

(以下は帰国後に取材)

 ――帰国後に参加したボリバリアン大会の結果はどうでしたか?

 「日本遠征に参加した3選手のうち、48kg級の選手が見事金メダルをとり、63kg級では3位、69kg級が2位に入り、団体でも3位にはいることができました。日本で練習したことがかなり自信になったんだと思います。帰国してから練習に取り組む姿勢も変わりました。日本は遠かったけど大きな収穫がある遠征になりました」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に