日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.04.14

36年ぶりの世界3階級制覇へ向けて、まず欧州3階級制覇へ挑む!…フランク・チャミゾ(イタリア)


世界3階級制覇へ挑むフランク・チャミゾ(イタリア)

 36年ぶりの世界3階級制覇が実現するか? 4月30日(月)~5月6日(日)にロシア・カスピスクで行われる欧州選手権の男子フリースタイル74kg級に、昨年の70kg級世界王者のフランク・チャミゾ(イタリア=前キューバ)がエントリーしたことが分かった。

 すでに2月のウクライナ国際大会と3月のダン・コロフ-二コラ・ペトロフ国際大会(ブルガリア)では74kg級に出場し、ともに優勝している。欧州選手権もこの階級に出場することで、10月の世界選手権(ハンガリー)でも74kg級への出場が濃厚となった。

 チャミゾは、2015年世界選手権(米国)は65kg級で優勝しており、74kg級で優勝すれば3階級で世界を制覇することになる。世界選手権の3階級制覇は、1982年にアナトリー・ベログラゾフ(ソ連)が達成しており、史上2度目の快挙を目指すことなる。

 昨年の世界選手権74kg級は、2012年ロンドン・オリンピックを含めて世界を4度制覇していたジョーダン・バローズ(米国)が5度目の世界一に輝き、2014年に70kg級で世界を制したケティク・チャボロフ(ロシア)が2位、リオデジャネイロ・オリンピック3位のソエナー・デミルタス(トルコ)が3位に入っていた。

 ベログラゾフは1977年にフリースタイル48kg級で勝ち、翌78年に52kg級で優勝。80年モスクワ・オリンピックも52kg級で勝ったあと、1982年に57kg級で優勝。3階級にわたって世界一に輝いている。欧州選手権は1階級(48kg級)のみの優勝。チャミゾはこちらも65kg級と70kg級で優勝している。正確な記録は不明だが、欧州3階級制覇を達成すれば、おそらく大会史上初と思われる。

(注)1920年代に活躍したカール・ウェステングレン(スウェーデン)も3階級で世界・オリンピック王者となっているが、当時は階級区分が猫の目のように変わっていたため、含めません。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に