日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.04.15

女子はナイジェリアが2階級で優勝…コモンウェルス大会・第2日


アフリカ女子躍進のリーダー、オデュナヨ・アデクオロイェ(ナイジェリア)=昨年の世界選手権55kg級決勝

 英国連邦(英国と英国の植民地だった国を中心とした集合体)の4年に1度の祭典、コモンウェルス大会第2日は4月13日、オーストラリア・ゴールドコーストで男子フリースタイルと女子の各2階級が行われ、男子フリースタイル65kg級は昨年のアジア選手権優勝のバイラン(インド)が勝って2大会連続優勝を達成した。3月のアジア選手権(キルギス)は3位に入っていた。同97kg級はアフリカ王者のマーティン・エラスマス(南アフリカ)が優勝。

 女子はナイジェリアが2階級を制した。57kg級は昨年の世界選手権55kg級2位のオデュナヨ・アデクオロイェ、68kg級は昨年の世界選手権63kg級5位のブレッシング・オボルデュデュが、それぞれ勝った。

 各階級の上位選手は下記の通り。


男子フリースタイル

 【65kg級】
[1]Bajrang(インド)
[2]Charig, Kane Daniel(ウェールズ)
[3]Bowling, Charlie(英国)
[3]Amas, Daniel(ナイジェリア)

 【97kg級】
[1]Erasmus, Martin(南アフリカ)
[2]Khatri, Mausam(インド)
[3]Steen, Jordan David(カナダ)
[3]Kaouslidis, Alexios(キプロス)


女子

 【57kg級】
[1]Adekuoroye, Odunayo Folasade(ナイジェリア)
[2]Dhanda, Pooja(インド)
[3]Schaefer, Emily Suzanne(カナダ)
[4]Essombe Taiko, Joseph Emilienne(カメルーン)

 【68kg級】
[1]Oborududu, Blessing(ナイジェリア)
[2]Lappage, Danielle(カナダ)
[3]Kakran, Divya(インド)
[4]Sultana, Sherin(バングラデシュ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に