日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

クローズアップ 五輪ボイコットの悪夢 福田富昭

「消せない記憶 ― 1980 年の悪夢 ―」

文=松瀬 学(スポーツライター)

 政治の介入によって不参加を余儀なくされた1980年モスクワ・オリンピック。フリースタイルの監督として必勝を期した福田富昭監督(現日本協会会長)の苦悩に迫る。


(本文より)

 1992年バルセロナ、1996年アトランタと金メダルが3つに沈んだ両オリンピックから、日本はやっと2004年のアテネで1964(昭和39)年東京オリンピックとならぶ16個に持ち直した。国や企業のバックアップもあった。1980年はスポーツが政治に敗北した年

 「歴史をみれば、日本のスポーツ界はあれによって実力がずいぶん落ちたと思います。そう、いっぺんで落ちた。モスクワです。オリンピックに一度出ないということは、前後4年の8年の空白といってもいい。それくらいのダメージがあったあとで考えると、そのくらいショックだったのです」

 福田には消せない記憶がある。

 いや日本スポーツ界には忘れてはいけない事件がある。もう28年も経つのか。1980(昭和55)年の「モスクワ・オリンピック・ボイコット」である。

(中略)

 「ボイコット」

 小さい声で口にすれば、当時の苦悩がそのままむき出しになって蘇ってくる。28年前、福田は日本代表フリースタイル陣のコーチを務めていた。日本体育協会や競技団体の幹部と選手のはざまで悪夢をみた。

 あの時の気持ちを尋ねると、福田は目をつむり、ひたすら沈黙した。ソファーから立ち上がると、テーブルの引き出しから葉巻を取り出した。珍しい。火をつける。

 「無念というか……。断腸の思いだった。まだ若かった。ずっと、どうなるかなという不安感しかなかったですね」

 

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に