日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

クローズアップ 猪狩則男

「オリンピックに4度“出場”したが… 失われた青春は戻らない」

文=樋口郁夫(日本レスリング協会広報委員)

 選手としての全盛期を戦争で棒に振った猪狩則男。審判の道を歩み、東京オリンピックでは審判長を務めたが、常に脳裏をよぎったのは「選手として、この舞台に立ちたかった」という思いだった。


(本文より)

 すべてのスポーツ選手の夢、オリンピック。1970(昭和45)年4月から1982(昭和57)年3月まで12年間、日本協会理事長を務めた猪狩則男さんも、オリンピックにあこがれて選手生活をおくった人だ。

戦争によって、その夢を阻まれた。それでもオリンピックへの夢を捨てられなかった猪狩さんは、審判として3度、日本チームの監督として1度の計4度、オリンピックの舞台を経験した。だが「選手としてオリンピックのマットに上がりたかった」との思いは消えなかった。それほどまでに憧れるのがオリンピックだ。

猪狩さんの“青春”を振り返ってみた。

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に