日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

クローズアップ 1980 年モスクワはセピア色か? 宮原章

「今も心のどこかにある憂いを消せない男 ― 1980 年の悪夢 ―」

文=スポーツ・ライター 長田渚左

 史上初めて全日本学生選手権4連覇を達成した宮原章。五輪王者となるべく最後のチャンスは、ボイコットによってはかなく消えていった。


(本文より)

 彼は練習相手のほとんどいない秋田でモントリオールを目指すことになった。

 「母校のレスリング部といっても高校生が相手ですから、スパーリングのできる相手はひとりしかいなかったです」

 慣れない仕事の重責とモントリオールへの不安に挟まれ、選考試合を前にして13kgの減量を抱え込んでしまう。

 「減量の言い訳はできない。誰のせいでもない、自分の失敗でした」

 代表選手となったのは、自分の代わりに自衛隊へ入隊したライバル選手だった。同じ轍は踏まない。彼は4年後のモスクワへ向けて徹底した自己管理を貫いた。

 「78年、79年の世界選手権では2位でしたから、モスクワではその上を狙ってましたけれど」

 しかし、モスクワは流れていった。98年の暮れに新築された住まいの壁には、今も「モスクワ・オリンピック代表の認定証」が掲げられていた。

 「これが目に入ると、まずモスクワを思い、それに4年前のモントリオールが重なる。人にとってチャンスは1回だと思う。モントリオールでつかまなかったから、こんなことになったと自分に言い聞かせてる」

 

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に