日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

レスラー列伝 太田章

「三十一歳のソウル」

文=長田渚左(スポーツ・ライター)

 オリンピック2大会連続で銀メダルを獲得。日本重量級の歴史を塗り替えた男、太田章。東側がボイコットしたロサンゼルス・オリンピックの銀メダルには満足できず、4年後、全日本コーチの座を捨ててマットに戻った。


(本文より)

 富山がつい口を滑らせた“太田章、ソウルヘカムバックのニュース”は、またたく間に関係者の間に広まっていった。

 富山は一度口元まで運んだコーヒーカップの手を止めた。

〈あの晩いっしょに飲んだとき、太田はもうとっくにソウルに行くことを決意していましたよ。だからオレはあの夜、そんな太田をみながらトリ肌が立つほど興奮したんです〉

 秋田、茨城と出身地は異なっていても高校時代から日本のレスリング界のトップにいた2 人は、ほとんど同じ時期を戦い、同じナショナル・コーチを務める身であった。

 しかしソウル・オリンピックを前にした2 人の思いはまったく異なっていた。

 〈オレのピークはモスクワ・オリンピックだった。腰も足も身体中ボロボロ、それをどうにかこうにかして、4 年後のロスでオレは金を獲った。やり残したことはまったくない。だからコーチでセコンドについて他の選手にいくらタオル振っていたって、オレが出ていこうなんて気に毛頭ならない。でも太田はオレと違っているように思っていた。セコンドについていても何か残り火みたいなモノが目の中にメラメラ光ることがあった。だからあの晩オレがカマをかけたら、見事にアイツは白状しやがったんですよ〉

 

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に