日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

レスラー列伝 笹原正三

「合気道崩れ股裂き」

文=長田渚左(スポーツ・ライター)

 「またさき」という必殺技を武器に、世界中から恐れられた伝説のレスラー、笹原正三の実像に迫る。


(本文より)

 まるでマネキン人形だ。笹原はマットに自然体に立つと、無表情に相手を見つめた。全身どこからも気が立ち上らない。戦闘態勢もとらない。“どーぞ”とばかりに両手を広げている。スキだらけだ。ここぞとばかりに、相手が両腕をつかんだ。その時だ。彼の両手首がカマのように曲がった。相手の腕の関節に手首をヘビのようにからませ、引きずり倒した。

 バックに回る。瞬時に左足を股間にネジ込む。突然の襲撃に、相手は全身を真っ赤にしてもがいた。しかし、クモのようにからみついた笹原の体は、決して離れない。逆に動けば動くほど、全身の筋肉が反応し体を絞めつける。ジャッキを引き上げるように、笹原が左足を引き上げた。 「合気道崩れ股裂き」。この一撃で試合は決まった。

 1956年メルボルン・オリンピック、レスリング、フェザー級決勝。勝者の額には汗一滴なかった。

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp