日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

長谷川恒平

 ◎長谷川恒平の最近の国際大会成績
 
 《2012年》
 
 【3月:五輪アジア予選(カザフスタン)】=優勝(9選手出場)
決  勝 ○[2-0(1-0,1-0)]Hamid Soryan(イラン)
準決勝 ○[2-0(1-0,2-0)]Arsen Eraliev(キルギス)
2回戦  ○[2-0(TF6-0=0:15,2-0)]Siriphong Champakham(タイ)
1回戦  ○[2-0(1-0,1-0)]Kumar Rajender(インド)
 
 【1月:ベービ・エムレ国際大会(トルコ)】=3位(20選手出場)
3決戦  ○[2-0(1-0,1-0)]Goderdzi Davitadze(グルジア)
準決勝 ●[1-2(0-1,1-0,1-5)]Mingiyan Semenov(ロシア)
3回戦  ○[2-1(1-0,0-2,4-0)]Askhat Kudaibergenov(カザフスタン)
2回戦  ○[2-1(3-0,0-1,1-0)]Abdouli Saman(イラン)
1回戦  ○[2-0(3-0,3-0)]Elbek Tazhyiev(ベラルーシ)
 
 《2011年》
 
 【9月:世界選手権(トルコ)】=8位(37選手出場)
敗復2 ●[1-2(0-1,1-0,0-1)]Modos Peter(ハンガリー)
敗復1 ○[2-0(1-0,1-0)]Venkov Venelin(ブルガリア)
3回戦 ●[1-2(0-1,2-0,0-1)]Bayramov Rovshan(アゼルバイジャン)
2回戦 ○[2-0(2-0,4-0)]Margarito Angana(フィリピン)
1回戦  BYE
 
 《2010年》
 
 【11月:アジア大会(中国)】=優勝(15選手出場)
決  勝 ○[フォール、2P1:26(2-0,F7-0)]Kanybek Zholchubekov(キルギス)
準決勝 ○[2-1(1-0,0-2,1-0)]Hamid Soryan(イラン)
2回戦  ○[2-0(TF6-0=1:04,TF6-0=1:05)]Kritsada Kongsrichai(タイ)
1回戦  ○[2-0(1-0,2-0)]Marat Karishalov(カザフスタン)
 
 【9月:世界選手権(ロシア)】=16位(34選手出場)
3回戦 ●[0-2(TF0-7=1:38,0-3)]Roman Amoyan(アルメニア)
2回戦 ○[2-0(2-0,3-0)]Akbar Kuziev(ウズベキスタン)
1回戦  BYE
 
 【7月:ゴールデンGP決勝大会(アゼルバイジャン)】=2位(15選手出場)
決  勝 ●[0-2(0-1,0-4)]Peter Modos(ハンガリー) 
準決勝 ○[2-0(1-0,3-1)]Orkhan Ahmadov(アゼルバイジャン) 
2回戦  ○[2-1(4-0,0-2,?)]Lee Jun Baik(韓国) 
1回戦  ○[2-0(1-0,4-0)]Georgi Gvenetadze(グルジア)
 
 【3月:ハンガリーカップ(ハンガリー)】=3位(23選手出場)
3決戦  ○[2-0(1-0,1-0)]Marat Garidov(カザフスタン)
敗復活 ○[2-1(1-0,0-1,5-0)]Peter Modos(ハンガリー)
3回戦  ●[1-2(1-1L,TF6-0,0-1)]Lee Jung Baik(韓国)
2回戦  ○[2-0(2-0、TF8-2)]Anders Ronningen(ノルウェー)
1回戦   BYE
 
 【2月:デーブ・シュルツ国際大会(米国)】=3位(13選手出場)
3決戦  ○[フォール、1P1:50]Aleksandar Kostadinov(ブルガリア)
敗復戦 ○[2-0(1-0,1-0)]Spenser Mango(米国)
敗復戦 ○[2-0(5-0,6-0)]Paul Tellgren(米国)
敗復戦 ○[2-0(2-0,1-0)]Rajender Kumar(インド)
2回戦  ●[0-2(0-1,2-5)]Aleksandar Kostadinov(ブルガリア)
1回戦  ○[2-0(1-0,6-0)]Nate Engel(米国)
 
 《2009年》
 【9月:世界選手権(デンマーク)】=11位(36選手出場)
4回戦 ●[0-2(0-2,0-1)]Manteanu Virgil(ルーマニア) 
3回戦 ○[2-1(0-3,1-0,30)]Bekzan Mankiev(ロシア) 
2回戦 ○[2-0(1-0,5-0)]Nicola Caradonna(イタリア)
1回戦  BYE 
 
 【7月:ゴールデンGP決勝大会(アゼルバイジャン)】=優勝(17選手出場)
決  勝 ○[2-0(2-0,1-0)]Haji pour Mohsen(イラン) 
準決勝 ○[2-1(0-1,1-0,1-0)]Peter Modos(ハンガリー) 
3回戦  ○[2-0(1-0,3-0)]峯村亮(日本) 
2回戦  ○[2-0(2-0,3-2)]Rovshan Bayramov(アゼルバイジャン) 
1回戦   BYE 
 
 【5月:アジア選手権(タイ)】=優勝(11選手出場)
決  勝 ○[2-0(1-0,1-0)]Joginder Singh(インド) 
準決勝 ○[2-0(3-0,2-0)]Mohammad Faghiri(イラン) 
2回戦  ○[2-0(5-0,7-0)]Hai Ho Quang(ベトナム) 
1回戦  ○[2-0(1-0,7-0)]Askhat Kudaibergenov(カザフスタン) 
 
 【3月:ハンガリー・カップ(ハンガリー)】=優勝(20選手出場)
決  勝 ○[2-0(2-0,1-0)]Mariusz Los (ポーランド) 
準決勝 ○[2-1(0-1,2-0,1-0)]Spencer Mango (米国) 
3回戦  ○[2-0(2-0,8-0)]Anders Ronningen (ノルウェー) 
2回戦  ○[2-0(2-0,5-0)]Maksim Kazharski (ベラルーシ) 
1回戦   BYE 
    
 【2月:ニコラ・ペトロフ国際大会(ブルガリア)】=優勝(10選手出場)
決  勝 ○[2-0(1-0,2-0)]Venelin Venkov(ブルガリア) 
準決勝 ○[2-0(2-0,1-0)]Mostafa Hassan(エジプト) 
2回戦  ○[2-1(1-0,0-1,1-0)]峯村亮(神奈川大職) 
1回戦  ○[2-1(0-3,2-7,3-0)]Alexandar Kostadinov(ブルガリア) 
 
 《2008年》
 
 【5月:五輪第3次予選(イタリア)】=20位(25選手出場)
1回戦 ●[0-2(1-5=1:45,1-2)]Vugar Ragimov(ウクライナ) 
 
 【3月:アジア選手権(韓国)】=3位(11選手出場)
3決戦  ○[2-0(2-0,3B-3)]Li Shujin(黎淑金=中国) 
準決勝 ●[0-2(1-7,TF0-5=1:12)]Soryan Reihanpour Hamid(イラン) 
2回戦  ○[2-0(3-0,4-0)]Rajinder Singh(インド) 
1回戦   BYE 
 
 《2007年》
 
 【8月:ピトラシンスキ国際大会(ポーランド)】=5位(21選手出場)
3決戦  ●[0-2(2-3,2-3)]Roman Amoyan(アルメニア)  
準決勝 ●[0-2(0-5,0-4)]Rovsan, Baizamov(アゼルバイジャン) 
3回戦  ○[2-1(0-3,3-0,5-0)]Onur Sensoy(トルコ)  
2回戦  ○[2-1(1-①,4-1,8-2)]Natig Bagimov(アゼルバイジャン) 
1回戦   BYE 
 
 【2月:デーブ・シュルツ国際大会(米国)】(14選手出場)
敗復戦 ●[不戦敗]Anthony Brooker(米国) 
1回戦  ●[1-2(3-8,4-3,1-1)]Spenser Mango(米国) 
 

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp