日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

F55ガイド

 2年連続で世界王者に輝いているビクトル・レベデフが国内選考で敗れ、欧州選手権を3度制しているジャマル・オタルスルタjノフが出場してくる。世界選手権の出場はないが、ロシア最高レベルの国際大会と言われるヤリギン国際大会を2年連続で制するなど実力は十分。日本代表の湯元進一(自衛隊)は過去3戦3敗だけに、闘うことになれば十分に研究して臨みたい。

 追う一番手は世界選手権2位のラドスラフ・ベリコフ(ブルガリア)と考えられるが、2006年に世界王者に輝いたあと、決してずば抜けた成績ではない。確実に決勝に残る力があるわけではない。

 世界選手権3位のハッサン・ラヒミ(イラン)は今年2月のアジア選手権優勝など好調をキープ。ベリコフより23歳と伸び盛りのラヒミの方が要注意だろう。

 2003・05年世界王者で2010年アジア大会を制しているディルショド・マンスロフ(ウズベキスタン)と2009年世界王者のヤン・キョンイル(北朝鮮)も、実績のある選手なのであなどれない。昨年の世界選手権は、マンスロフはヤンに、ヤンはラヒミに負けて上位進出ならなかったのであり、弱い選手に負けたわけではない。

 こうしたアジアの強豪の一角に、湯元も存在していることは間違いない。2度の世界選手権で上位進出はならなかったが、2010年アジア選手権でヤンとラヒミを破って優勝。世界のトップを狙える成績は出している。

 19選手中9選手がアジアという階級。アジア勢が表彰台を占めることもありうる階級だ。

2006年に世界王者に輝いたベリコフ(ブルガリア)。昨年の世界選手権は2位へ

2010年アジア大会ではマンスロフ(青=ウズベキスタン)がヤン(北朝鮮)を破る。今年の五輪予選は勝敗が逆へ。


《男子フリースタイル55kg級・エントリー選手》

★は、出場枠獲得選手とは別の選手がエントリー
資格獲得大会 選手・年=生年月日 国名(旧国籍) 過去の主な成績  
2011年
世界選手権優勝
★Jamal Otarsultanov ロシア 2011年欧州選手権優勝 Data
(25=1987-04-14) 2012年欧州選手権優勝
(日本代表選手との対戦成績)
【2007年11月】湯元●[0-2(0-2,0-4)]Otarsultanov(ロシア) =CSKAカップ(ロシア)
【2010年3月】 湯元●[1-2(0-1,1-0,0-1)]Otarsultanov(ロシア) =メドベジ国際大会(ベラルーシ)
【2011年1月】 湯元●[0-2(0-1,0-1)]Otarsultanov(ロシア) =ヤリギン国際大会(ロシア)
2011年
世界選手権2位
Radoslav Velikov Marinov ブルガリア 2006年世界選手権優勝 Data
(28=1983-09-02) 2008年北京五輪3位
(日本代表選手との対戦成績)  
【2007年11月】 湯元●[1-2(0-1,1-0,1-3)]○Velikov =CSKAカップ(ロシア)
2011年
世界選手権3位
Daulet Niyazbekov カザフスタン 2010年アジア選手権8位 Data
(23=1989-02-12) 2010年アジア大会8位
2011年
世界選手権3位
Hassan Rahimi イラン 2010年アジア大会5位 Data
(23=1989-06-15 ) 2012年アジア選手権優勝
(日本代表選手との対戦成績)  
【2010年5月】 湯元○[2-1(0-3,1-0,1-0)]●Rahimi =アジア選手権(インド)
2011年
世界選手権5位
Mihran Jaburyan アルメニア 2009年世界選手権8位 Data
(27=1984-11-16 ) 2012年欧州選手権5位
2011年
世界選手権5位
★Samuel Hazewinkel 米国 2011年パンアメリカン選手権2位 Data
(28=1984-03-04 ) 2012年パンアメリカン選手権優勝
2012年
欧州予選優勝
Vladimir Khinchegashvili グルジア 2010・11年世界ジュニア選手権優勝 Data
(21=1991-04-18) 2011年世界選手権7位
2012年
欧州予選2位
Ahmet Peker トルコ 2009年世界ジュニア選手権50kg級優勝 Data
(22=1989-11-04 ) 2012年欧州選手権3位
(日本代表選手との対戦成績)  
【2011年9月】 湯元○[2-1(0-3,6-1,3-1)]●Peker =世界選手権(トルコ)
2012年
アジア予選優勝
Kumar Amit  インド   Data
(23=1989-03-10)  
(日本代表選手との対戦成績)  
【2012年3月】 湯元●[途中棄権、1P0:05(0-0)]○Amit =五輪アジア予選(カザフスタン)
2012年
アジア予選2位
湯元 進一  日本 2010年アジア選手権優勝 Data
(27=1984-12-04) 2011年世界選手権8位
2012年
パンアメリカン予選優勝
David Tremblay カナダ 2010年世学生選手権10位 Data
(24=1987-09-18)  
2012年
パンアメリカン予選2位
Brandon Jesus Escobar Amador ホンジュラス 2012年パンアメリカン選手権5位 Data
   
2012年
アフリカ・オセアニア
予選優勝
Ibrahim Farag Abdelhakim エジプト 2010年アフリカ選手権優勝 Data
(22=1990-02-05) 2011年アフリカ選手権3位
2012年
アフリカ・オセアニア
予選2位
Naatele Sem Shilimela ナンビア 2012年アフリカ選手権3位 Data
(21=1991-07-30)  
2012年
第3次予選優勝
Yang Kyong-Il 北朝鮮 2009年世界選手権優勝 Data
(23=1989-08-07) 2010年アジア大会2位
(日本代表選手との対戦成績)  
【2010年5月】 湯元○[2-0(1-0,2-1)]●Yang Kyong-Il =アジア選手権(インド)
2012年
第3次予選2位
Dilshod Mansrov ウズベキスタン 2003・05年世界選手権優勝 Data
(28=1983-12-12) 2010年アジア大会優勝
2012年
第3次予選3位
Kim Jin-Cheol 韓国 2012年アジア選手権3位 Data
   
2012年
最終予選優勝
Naranbaatar Bayaraa モンゴル 2007年世界選手権2位 Data
(32=1980-03-11) 2010年世界選手権5位
(日本代表選手との対戦成績)  
【2007年8月】 湯元○[2-0(TF7-0-1:31,TF6-0=1:52)]●Bayaraa =ダン・コロフ国際大会(ブルガリア)
【2009年2月】 湯元○[2-1(1-0=2:03,0-2=2:05,1-0)]●Bayaraa =ダン・コロフ国際大会(ブルガリア)
【2011年9月】 湯元○[2-0(TF6-0=1:59,5-3)]●Bayaraa =世界選手権(トルコ)
2012年
最終予選2位
Nikolai Noev タジギスタン 2011年世界選手権13位 Data
  2012年アジア選手権60kg級5位
(日本代表選手との対戦成績)  
【2012年3月】 湯元○[2-0(1-0,3-0)]●Noev =五輪アジア予選(カザフスタン)

 

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp