日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

世界&オリンピック・チャンピオン/女子(21)…登坂絵莉

 

登坂絵莉(とうさか・えり)…2013年世界選手権で初の世界一へ

【生年月日、出身】1993年8月30日、富山県出身

【身長】157cm

【所属】愛知・至学館高~至学館大~東新住建

【コーチ】栄和人

【レスリング歴】1992年~

【全日本選手権成績】2010年=一回戦敗退、11年=2位、12年=優勝、13年=優勝、14年=優勝(以上、48kg級)、15年=優勝(53kg級)

【オリンピック・世界選手権成績】2012年=2位、13年=優勝、14年=優勝、15年=優勝、16年リオデジャネイロ・オリンピック優勝(以上、48kg級)

《全成績一覧》

 父・修さんは1980年国体少年グレコローマン48kg級で優勝。その影響もあり、9歳から富山・高岡ジュニア教室でレスリングを始める。2004・05年に全国少年少女選手権で優勝。富山・南星中時代には、全国中学生選手権で2007年41kg級3位を経て2008年に同級で優勝。

  愛知・至学館高(当時中京女子大学附属高)に進み、2010・11年の全国高校女子選手権で2連覇を達成。2011年はアジア・ジュニア選手権で優勝し、全日本選手権で2位に躍進した。

  至学館大では、2012年にアジア選手権に出場して3位。5月のワールドカップ(東京)の代表にも選ばれた。この大会は出場機会はなしに終わったが、約1ヶ月後の全日本選抜選手権で優勝し、同年の世界女子選手権(カナダ・ストラスコナカウンティー)の代表へ。決勝でいったん勝利が宣せられながらも、不可解な経緯で負けとなり、無念の銀メダルとなった。

  同年12月の全日本選手権は、決勝で“天敵”とも言えた入江ゆき(九州共立大)を初めて破って初優勝。入江には世界選手権前の全日本学生選手権でも負けており(世界選手権予選だった全日本選抜選手権は、入江の病気欠場で対戦なし)、大きな壁を乗り越えた。

  2013年は全日本選抜選手権決勝で入江を破って優勝し、2年連続で世界選手権代表へ。7月のユニバーシアードでの優勝で勢いをつけ、世界選手権では5試合を勝ち抜いて初の世界一へ輝いた。

  階級区分が変わった2014年も全日本選抜選手権で勝って世界選手権とアジア大会の代表へ。ともに優勝して実力を見せ、12月の全日本選手権でも3年連続優勝を達成した。2015年も世界選手権で勝ち、3年連続世界一を達成。2016年リオデジャネイロ・オリンピックでも優勝した。

 (2016年8月現在)


 

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp