日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2011.10.25

【関西少年少女選手権・特集】女子5~6年・南條早映(吹田市民教室)


(文・撮影=樋口郁夫)

地元優勝を目指した全国チャンピオンの南條だが、決勝で成國に惜敗

 押立杯関西少年少女選手権の5~6年生女子中重量級では、3月の全国少年少女選抜選手権36kg級で勝ち、7月の全国少年少女選手権同級で4度目の全国制覇を遂げた地元のホープ、南條早映(大阪・吹田市民教室)が、10月の全日本女子オープン選手権40kg級でも勝った勢いで優勝を狙ったが、全国大会40kg級2位の成國琴音(東京・GOLD KID’S)に決勝で延長の末に惜敗。地元での最後のビッグイベントを飾れなかった。

 40kg級で全国大会を制していた平田彩夏(福岡・ギルド)、36kg級2位の松雪成葉(刈谷チビッコ)も同じ階級。すなわち36、40kg級の強豪がすべてそろった闘いは、南條と平田が2回戦で対戦する組み合わせ。しかし平田は不出場。このブロックを勝ち上がった南條は、松雪を破った成國との決勝に臨んだ。

 息詰まる攻防は、お互いに攻め合うがポイントが取れず、0-0で延長へ。仕掛けたのは南條。タックルが決まったかに見えた瞬間にカウンター技を受けてバランスを崩し、背中をマットに向けていた悔しい負け方だった。

 試合直後は目を真っ赤に晴らした南條は、しばらくすると「前には出ることができた。タックルにいっての負けでしたから、次につながると思います」と、この負けを前向きに受け入れた。

 体重はまだ40kgなく、成國とは体重の面で差があったようだが、それを言い訳にすることもなく、「中学へいって頑張りたい。片足タックルに入ってからのさばき方を極めていきたい。全国中学生選手権での優勝を目指します」ときっぱり。親元を離れて進学することも視野に入れ、1年生での全国中学チャンピオンを目指す。

 なお、昨年、大阪・エンジョイに大会史上初めて団体優勝を奪われた吹田市民教室は、四日市ジュニアを1点差で破って王座を奪還。第25回の記念すべき大会を飾ることができた。

 しかし、宮本輝夫代表が「優勝と言っても内容はよくない。体力的に他クラブに負けている。勝った気分ではない。もう一度、根本的にやり直したい」と話せば、伊藤順次監督も「6年生が勝てていないのが現実。もう一回やり直したい」と厳しく、ともに喜びはなし。名門復活へ向けて気持ちを引き締めていた。

 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に